社会

「イスラム国殺害予告事件」は“邦人誘拐ビジネス”の始まり?(2)湯川氏と後藤氏が出会ったきっかけ

20141126logo

 今回拘束された2人は、偶然居合わせたわけではなかった。中東を舞台にした接点があったのだ。外報部記者が湯川さんについて語る。

「千葉県内の高校を卒業後、00年頃、同県海浜幕張駅近くでミリタリーショップ『日高屋』を開業します。しかし、3~4年ほどで倒産。借金を抱えて夜逃げ。公園で1カ月近く生活することもありました」

 借金は実父がアパートを売って返済した。しかし精神的な疲弊は癒やされず、湯川さんは08年頃自殺未遂をしている。本人のブログにはこう書かれている。

〈男性の象徴である場所を切断し、切腹を図ったのだ! 失敗した時は女性として生きようとも思っていた(略)僕は子供は創れない。まぁ異常とも思えるがね〉

 妻の助けで一命を取り留めたものの、妻はその2年後に肺ガンで死亡。湯川さんはそれまでの「正行」を改名し「遥菜」となった。

 そして人生の再出発として民間の軍事会社に登録、中東での傭兵活動に旅立ったのだ。

「武器も扱えないのに戦場デビューして、昨年4月、潜入したシリアで自由シリア軍に拘束されてしまったのです」(外報部記者)

 湯川さんはアジトで尋問を受けるのだが、ほとんど英語が話せない。その時、偶然シリア取材をしていた後藤さんに、自由シリア軍の関係者から通訳の依頼が来て2人は出会う。後藤さんの説得で何とか解放された湯川さんに、自由シリア軍の幹部はこう告げた。

「今夜国境まで送るので、そこで宿泊して翌朝トルコへ帰れ」

 ところが、湯川さんの思いは違ったようだ。ブログにはこうある。

〈苦労して来たのに納得が行かない!〉

 結局、現地にとどまり6月、7月と中東を渡り歩いた末、8月IS国に拘束され、消息不明になる。

「10月上旬、湯川さんの消息を入手した後藤さんはシリアに飛びます。自由シリア軍の時と同じように交渉を試みようとしたようです」(外報部記者)

 11月上旬、後藤さんはトルコの知人にこんな連絡をする。

「シリアに同行したガイドに裏切られ、武装グループに拘束された」

 横田氏は拘束時に、現地のガイドと一緒に行動していた。「2000ドルで横田さんを売れ」と言われたもののガイドが強く断ったため解放されたという。

「まだIS国という組織がここまで大きくなる前だったというのが解放された理由の一つです。指揮系統もはっきりとしてなかったので、現場判断で解放してくれました。しかし、今はもうほぼ無理でしょう。逃げるのはまず無理ですし、お金でしか解決しない」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”