芸能

昼のワイドショーに“打倒ミヤネ屋”で意気込む泉ピン子が参戦

20150212d

 打倒「ミヤネ屋」を旗印に、4月から安藤優子(56)がフジの昼の顔となる。一方、TBSには泉ピン子(67)がみずから「刺客」として立候補したという。午後2時のワイドショー戦争はウラから見るのがおもしろい!

 お父さんたちにとって見る機会の少ない平日午後2時台のテレビ。この時間、民放で何が放映されているのかご存じだろうか?

 関東圏では他局がドラマか映画の再放送の中、唯一の情報番組は日本テレビで放映されている宮根誠司(51)による「ミヤネ屋」である。

 フジテレビはこれまでこの時間帯で「ミヤネ屋」に真っ向勝負を仕掛けていた。だが12年4月には「知りたがり!」、13年4月から「アゲるテレビ」で挑むも半年もたずに、あえなく打ち切りとなっている。

 以来ドラマの再放送などでお茶を濁していたフジだが、4月からワイドショーに再挑戦することとなった。番組制作関係者が語る。

「メインキャスターは安藤優子さんです。15年メインキャスターを務めた『スーパーニュース』から移す大英断。夕方の顔から昼の顔になります」

 王道のジャーナリスト指向が強いと思われがちな安藤だが、昼の情報番組といえば、芸能ニュースも扱うライト路線だ。拒否する可能性もあるものの03年12月、インタビュー記事で「スーパーニュース」の1年目を問われ、自身の“ワイドショー指向”を明かしている。

〈報道って、どっかで“気取り”があったと思うんです。“難しいことを難しいことばでいうのが報道だ。その難しさ故に有り難がってくれてるんじゃないか”っていう錯覚があって、高尚なことをやってるんだぞ、みたいなね。でも、その実、見ていてくださる方に通じてないんじゃ、これは完全な送り手側のマスターベーションでしかない〉

 一人勝ち状態の「ミヤネ屋」を駆逐すれば安藤の大手柄は間違いなし。局内でその立場を不動のものとすることができるだろう。

 今春から一気に過熱化する昼の視聴率戦争。だが、ここに殴り込みをかけたのが泉ピン子である。TBS関係者が語る。

「安藤さんの件が噂になった直後くらいのことです。ピン子さんがTBSの番組制作幹部に直談判をしたようです」

 ピン子は昨年、「春よ、来い」から20年ぶりに「マッサン」でNHK朝ドラに出演して、高視聴率に貢献している。「イジメ役」のイメージがつきまとうピン子だが「マッサン」で自信を深めたようで、みずから局幹部と会って、こう売り込みをかけたというのだ。

「久しぶりの朝ドラで私も数字が取れることがわかった。ミヤネ屋を潰せるキャスターは私しかいないわよ!」

 そもそもピン子の出世作は75年から放送されていた伝説の深夜情報番組「テレビ三面記事 ウィークエンダー」。また、ピン子が月曜から金曜日までのTBSの昼の顔となれば、日曜日には「アッコにおまかせ!」の和田アキ子(64)が控えている。“芸能界女性ご意見番ライン”が完成することとなる。

「コンセプトを固めることで視聴者を引き付けやすい。局ではピン子さんの経験やコメント、話題性を評価しています。問題はこの時間帯のメインスポンサー。通販、健康企業のピン子さんへの支持が薄いところを局側がどう判断するのか‥‥」(前出・TBS関係者)

 大異変の様相を呈したワイドショー戦争。芸能レポーターの石川敏男氏はこう語る。

「こうした番組で数字を取れるのは芸能情報です。ピン子さんの番組でレポーターたちがきちんと情報を提供できるかはピン子さんしだいでしょう」

 ハードルを乗り越えたピン子によって伝説の「テレビ三面記事」が復活となるか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)