芸能

主演ドラマが低視聴率、亀梨和也のボディでは女性は妄想できない!?

20141126logo

 KAT-TUNの亀梨和也に黄色信号が点滅中だ。深田恭子とW主演している連続ドラマ「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系)の第1話(2月6日)の平均視聴率が8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と1ケタに終わった。同枠の前クールはジャニーズ事務所の後輩、中島健人(Sexy Zone)の「黒服物語」で、9.3%を獲得。それより低いまさかの数字に、ドラマ関係者を青くさせている。

 テレビ誌記者が説明する。

「共演の深田恭子とは、映画『ジョーカー・ゲーム』に続いてのラブシーン披露ですが、今回の脚本は『セカンドバージン』(NHK)の大石静氏。刺激的なセリフやドロドロのストーリー展開は映画以上に大人ウケすると思いましたが、ふたを開けたらこの低視聴率とは、思っているほど亀梨には女性ファンがついていないのかもしれません」

 先月、映画の宣伝のため、亀梨は事務所の先輩の嵐・櫻井翔がMCを務める番組「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)に出演。オフの日の亀梨が「自分チャージ」をして、英気を養うという東京旅をカメラが密着した。

「ここまでやるかというサービスぶりでしたね。ホテルの部屋では、ズボンをヒザまで下ろしてボクサーパンツを見せたり、着替えの下着を大写しにしたり、バスローブへの生着替えシーンを披露。翌朝のシャワータイムでは、シャワールームに水をかけて曇りを取ってまでカラダを撮らせていました。ただ、腕立て伏せが健康法というわりには筋肉は少ないし、薄い胸板は男性的な魅力に欠ける感がある。セクシーさで数字をとるには、女性視聴者に思う存分妄想を起こさせるくらいのマッチョボディが必要です」(制作会社プロデューサー)

 もともとのファンは亀梨のナチュラルな肉付きが好きなのかもしれないが、それ以外の女性ファンをひきつけるには少しばかり「貧弱」だったということか?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”