芸能

“女優失格”から這い上がった「小池栄子」の素顔とは?(1)ここまでいい女優になるとは…

20150319k

 彼女が登場するようになった年初から、NHK連続テレビ小説「マッサン」の視聴率が上昇し始めたのは偶然だろうか。女優・小池栄子が評価を高めているのだ。自己プロデュースによって切り開いた道。自慢のバストを揺らしてグラドルから這い上がった、その道は決して平坦ではなかった。

「はっきり言って、ここまでうまい女優になるとは想像していませんでした。これまで地道な仕事を積み重ねてきた結果が現在の成果につながっているんでしょうね。もともと芸能界で性格のよさは有名ですし、女優としても、これからさらなる成長が期待できます」

 ここ最近の活躍ぶりを絶賛するのは、芸能レポーターの石川敏男氏だ。女優業での活躍ぶりには脱帽の様子だが、一般視聴者にも“女優・小池栄子(34)”の魅力がジワジワと浸透していることは間違いない。

 現在、大きな注目を集めているのが、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」での演技。小池は年明け1月からスタートした「北海道・余市編」に登場して、素朴で純真な女性を演じており、ファンの間では、主演の玉山鉄二や朝ドラ初の外国人ヒロイン、シャーロット・ケイト・フォックスをしのぐ好感度を集めている。

「北海道編の物語を引っ張ったのは、間違いなく小池演じるハナと八嶋智人演じる俊夫のラブ・ストーリーでしょう。小池は『オラ』などのなまり言葉を嫌みなく使いこなし、着物の着こなしなど大正時代の女性としての所作も自然です。小池が登場してからの『マッサン』は視聴率も好調で、2月には3週連続で自己最高視聴率を記録しています」(スポーツ紙芸能デスク)

 女優として、テレビ以外でも活躍の場は着実に広がっている。先日開催された日本アカデミー賞で最多13部門を受賞した現在公開中の映画「不思議な岬の物語」(東映)では、吉永小百合と2度目の共演を果たしており、休む間もなく4月に公開される映画「エイプリルフールズ」(東宝)にも出演。また、舞台における評価も驚くほど高いという。

「昨年は『大人計画』と『劇団☆新感線』という現在の日本を代表する劇団がコラボした舞台『ラストフラワーズ』に出演するなど、舞台役者としても引っ張りだこです。今年も鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが7年ぶりにプロデュースする舞台『グッドバイ』への出演が決まっている。共演は仲村トオル、水野美紀、門脇麦といった実力派ぞろいですが、もはや彼女の演技はこの中に入っても貫録すら感じさせる安定感ですね」(石川氏)

 演技派女優として揺るぎないポジションを築きつつある小池だが、だからといってかつての色気が失われてしまったわけではない。いや、それどころか34歳という、まさに女ざかりの小池が発散するフェロモンは、かつてないほど極上の色気を生み出している。

 オンナとしての充実ぶりがよくわかるのが、現在放送されている資生堂のスキンケア商品「専科」シリーズのCMだ。4本あるシリーズ中でもボディソープを紹介する「あとから」篇で見せるボディラインは“衝撃的”のひと言。映画評論家の秋本鉄次氏は外国人女優にもひけを取らないその黄金ボディをこう絶賛する。

「CMは泡でバストトップなどを隠したよくあるシャワーシーンから始まって、一瞬だけ衣服を脱いだ事を想起させるシルエットになり、そのあとは服を着たシーンとテンポよく流れる構成になっていますが、とにかく冒頭の5秒間がすごいんです。シルエットで見える胸の盛り上がりはまさにロケット形の最高峰。ラストに男性の首に抱きつくシーンもこれまでの5割増しで美人に見えますね(笑)」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由
4
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…