芸能

鈴木杏だけじゃない、「芸能界ピンチヒッター物語」(3)井上真央と嵐・松潤の「結婚」は必然だった!

20150317pinchhitter_c

 広末涼子が降板した、NHK大河「花燃ゆ」の主人公を演じている井上真央。彼女の人気を不動のものとしたのが、現在交際中の嵐・松本潤と共演した「花より男子」(05年・TBS系)だった。

 主人公・牧野つくしは井上のハマリ役だったが、彼女に決まるまでは、ヒロインどころか番組自体が二転三転したという。

 すったもんだの出発点は、05年10月クールでTBSが「のだめカンタービレ」のドラマ化を企画したことだった。

 上野主演の「のだめ」といえば、06年10月からフジテレビの「月9」でドラマ化され、後に映画化されるほど大ヒットした。ではなぜ、同じ上野主演でありながら、TBSでは実現しなかったのか? キャスティング事情を知るドラマ関係者が明かす。

「実は、上野の相手役がV6の岡田准一ということに、原作者が首をタテに振らなかったのです。タイトルにあるように『のだめ』が主役のはずが、設定を変更して岡田を主役にしろという要望にキレてしまった」

 このため、TBS版の「のだめ」は頓挫したが、その代案となったのが、かつて映画化もされた「花より男子」だった。

「さすがに、上野をスライドさせるわけにはいかず、代わりに抜擢されたのが、TBSの昼ドラ『キッズ・ウォー』で人気だった井上でした。ゴールデンでの主役に誰もが不安を感じていましたが、平均視聴率20%を超えるヒット作になり、ピンチヒッターと思えぬほど大化けしました」(前出・ドラマ関係者)

 批判だらけだった井上の「牧野つくし」役も、成功してしまえば「あの気の強さはぴったり!」と賛辞に変わった。また、上野の「のだめ」も大絶賛されたことから、この勝負はまったくの互角と言えそうだ。

 とはいえ、井上の代役出演がなければ松潤との交際もなかったかもしれないと思うと、二人の「結婚」はもはや必然なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?