芸能

突如現れた美人女優「吉田羊」謎の本性を徹底追跡!(4)演じたい役柄は“花魁”

20150416w4th

 07年の独立後、女優業を邁進する吉田。年齢を非公表にしている理由は、来る仕事は全て受けるという気概の表れだという。スポーツ紙デスクが解説する。

「起用する側に、好きに年齢を捉えてほしいと考えていて、『女子高校生役のオファーが来てもなりきる自信があります』と言う。『でも、どちらのお店ですか、なんて聞かれるだろうな』とウイットに富んだ発言も」

 今年のGW映画では「ビリギャル」(東宝)と「脳内ポイズンベリー」(東宝)の2本に出演。映画パーソナリティの津島令子氏が話す。

「真木よう子(32)主演の『脳内──』は、真木扮するアラサー女子の頭の中で繰り広げられる脳内会議が見どころの一つ。その脳内でネガティブ思考の女子を演じる吉田も、ドSキャラ全開のマシンガントークを炸裂させています」

 実は、吉田がひそかに演じたいと望んでいる役は「花魁」だという。スポーツ紙デスクが続ける。

「インタビューなどでは『人を笑わせることが最も難しいので、コメディに挑戦したい』と話していますが、恩師の三谷には『吉原炎上』の仁支川峰子(56)のような役がやりたいと明かしていたそうです」

「吉原炎上」(東映)は、巨匠・五社英雄監督の87年の映画。名取裕子(57)、かたせ梨乃(57)、藤真利子(59)らそうそうたる名女優が惜しげもなく脱ぎ、スクリーンにさらけ出している。中でも仁支川演じる花魁は吉原でも「中梅楼の御職」に就く売れっ子ながら、無理がたたって肺病を患い、職を失って真っ赤な布団部屋に閉じ込められる。そこで胸もあらわに絶叫するのだ。

「誰でもいいからさ‥‥抱いておくれよ。ねえ‥‥かんでよ、ここ。ここかんでここ! かんでよおっ!」

 津島氏もこれには大賛成である。

「ぜひ薄幸の花魁役は観てみたいですね。端正なルックスに加え、しっかりとした演技力も備えている。クールな役どころを完璧にこなした今、舞台出身だけあって演技の引き出しの多さを感じるだけに、次はボロボロの女をどう演じるのか、興味津々です。汚れ役が彼女のイメージを損なうとは思えないだけに、大いに期待してしまう」

 昨今の邦画界に蔓延する「脱がない症候群」。そこにはCMスポンサーの意向も大きく影響すると言われるが、彼女はその例に当てはまらないのだとか。

「例えばベビー用品のCM出演中に脱がれるとキツイ。バストを出すことに担当者は悩みます。でも(吉田が出演する)『ポカリスエット』や焼酎『雲海』なら大丈夫。『女優ですから何でもやるんですよ』と吉田に代わってスポンサーに言えればいいんですが、彼女はその数少ない言えるタイプに入りますね。まだバリバリに主役を張っているわけではないため、CM契約料は1000万円から2000万円ほどと、お買い得感も」(広告代理店スタッフ)

 芸能評論家の小谷哲氏は、CMタレントとしての存在感をこう評するのだ。

「貴婦人も汚れた女性も演じてしまうニコール・キッドマンに近いものを感じます。天使も悪魔も潜んでいるように映る。ドラマでクールなキャリアウーマンを演じ、ポカリスエットのCMでは穏やかな母親役。さらにENEOSのCMでニュースキャスター。30秒間のCMではなく、ぜひ深夜のニュース番組で見たい。夜遅く帰宅するサラリーマン族を癒やし、たしなめてほしい」

 その二面性こそが最大の「武器」なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは