芸能

突如現れた美人女優「吉田羊」謎の本性を徹底追跡!(4)演じたい役柄は“花魁”

20150416w4th

 07年の独立後、女優業を邁進する吉田。年齢を非公表にしている理由は、来る仕事は全て受けるという気概の表れだという。スポーツ紙デスクが解説する。

「起用する側に、好きに年齢を捉えてほしいと考えていて、『女子高校生役のオファーが来てもなりきる自信があります』と言う。『でも、どちらのお店ですか、なんて聞かれるだろうな』とウイットに富んだ発言も」

 今年のGW映画では「ビリギャル」(東宝)と「脳内ポイズンベリー」(東宝)の2本に出演。映画パーソナリティの津島令子氏が話す。

「真木よう子(32)主演の『脳内──』は、真木扮するアラサー女子の頭の中で繰り広げられる脳内会議が見どころの一つ。その脳内でネガティブ思考の女子を演じる吉田も、ドSキャラ全開のマシンガントークを炸裂させています」

 実は、吉田がひそかに演じたいと望んでいる役は「花魁」だという。スポーツ紙デスクが続ける。

「インタビューなどでは『人を笑わせることが最も難しいので、コメディに挑戦したい』と話していますが、恩師の三谷には『吉原炎上』の仁支川峰子(56)のような役がやりたいと明かしていたそうです」

「吉原炎上」(東映)は、巨匠・五社英雄監督の87年の映画。名取裕子(57)、かたせ梨乃(57)、藤真利子(59)らそうそうたる名女優が惜しげもなく脱ぎ、スクリーンにさらけ出している。中でも仁支川演じる花魁は吉原でも「中梅楼の御職」に就く売れっ子ながら、無理がたたって肺病を患い、職を失って真っ赤な布団部屋に閉じ込められる。そこで胸もあらわに絶叫するのだ。

「誰でもいいからさ‥‥抱いておくれよ。ねえ‥‥かんでよ、ここ。ここかんでここ! かんでよおっ!」

 津島氏もこれには大賛成である。

「ぜひ薄幸の花魁役は観てみたいですね。端正なルックスに加え、しっかりとした演技力も備えている。クールな役どころを完璧にこなした今、舞台出身だけあって演技の引き出しの多さを感じるだけに、次はボロボロの女をどう演じるのか、興味津々です。汚れ役が彼女のイメージを損なうとは思えないだけに、大いに期待してしまう」

 昨今の邦画界に蔓延する「脱がない症候群」。そこにはCMスポンサーの意向も大きく影響すると言われるが、彼女はその例に当てはまらないのだとか。

「例えばベビー用品のCM出演中に脱がれるとキツイ。バストを出すことに担当者は悩みます。でも(吉田が出演する)『ポカリスエット』や焼酎『雲海』なら大丈夫。『女優ですから何でもやるんですよ』と吉田に代わってスポンサーに言えればいいんですが、彼女はその数少ない言えるタイプに入りますね。まだバリバリに主役を張っているわけではないため、CM契約料は1000万円から2000万円ほどと、お買い得感も」(広告代理店スタッフ)

 芸能評論家の小谷哲氏は、CMタレントとしての存在感をこう評するのだ。

「貴婦人も汚れた女性も演じてしまうニコール・キッドマンに近いものを感じます。天使も悪魔も潜んでいるように映る。ドラマでクールなキャリアウーマンを演じ、ポカリスエットのCMでは穏やかな母親役。さらにENEOSのCMでニュースキャスター。30秒間のCMではなく、ぜひ深夜のニュース番組で見たい。夜遅く帰宅するサラリーマン族を癒やし、たしなめてほしい」

 その二面性こそが最大の「武器」なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
4
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ