芸能

テリー伊藤対談「唐橋ユミ」(1)以前「アサ芸」の記事で親に泣かれました

20150430w-2

●ゲスト:唐橋ユミ(からはし・ゆみ) 1974年生まれ、福島県出身。実践女子大学を卒業後、99年から5年間、テレビユー福島のアナウンサーとして活躍。その後フリーとなり、「サンデーモーニング」(TBS系)、ラジオ放送「語りの劇場グッとライフ」(NHK第一)など多数のテレビ・ラジオ番組に出演。趣味は料理、ゴルフ、相撲観戦など。利き酒師の資格も持つ。昨秋、初の著書「わたしの空気のつくりかた:出すぎず、引きすぎず、現場を輝かせる仕事術」(小社刊)を上梓した。

 TBS「サンデーモーニング」のキャスターとして、関口宏を長年にわたりしっかりサポートしてきた唐橋ユミ。トレードマークの「赤メガネ」には、実は意外な秘密が!? 控えめな性格と思われがちな唐橋だが、学生時代の恋愛話から現在の男性観まで、天才テリーもドキドキの告白が飛び出した!

テリー 「唐橋」って珍しい名前ですよね。ご実家のある福島に多いんですか。

唐橋 同級生に3人ぐらいはいましたね。地元は喜多方市なんですけど。ラーメンの町と言われて。

テリー 東京にはおいしい喜多方ラーメンの店はあるのかな。

唐橋 私が知らないだけと思うんですけど、まだ見つからないんです。東京と福島では、たぶんお水が違うんでしょうね。自宅で会津のお米を食べるんですけど、やっぱり実家で食べるのと、全然違います。

テリー なるほどね。さぁ、御飯の話はさておき。

唐橋 ‥‥今日の取材は、「アサヒ芸能」さんなんですよね。

テリー あっ、もしかして文句がある? 僕には怒らないでくださいよ。僕がそういった記事を書いてるわけじゃないからね(笑)

唐橋 昔、親が泣いてしまうような記事があって。

テリー えっ。どんなことを書かれたの?

唐橋 今日はマネージャーさんに「テリーさんのページは、まったく違うから」と言われて。「安心してください」と。

テリー ハハハ。だけど残念ながら、200%一緒です。これからインナーの色とかを聞いていくんですよ。

唐橋 でも、それは直接お会いして、実際に聞いてくださることだからいいんですけど。昔書かれたことは、まったくの妄想記事だったんです。女性の下半身ネタだったんですけど‥‥。週刊誌に書かれていることは、親にも伝わりますね。

テリー 「東京で何をやってるの」とか言われた?

唐橋 直接は何もなくて。ただ「父の背中が丸くなって、悲しそうだった」って母に伝えられて。

テリー そうだったんだ。いかんなぁ、編集長に言っておかないとね。じゃあ本日は、対談に出てきてくれてありがとうございます。

唐橋 いえいえ、よろしくお願いします。

テリー もともとは、福島のテレビ局でアナウンサーをしていたんですね。地方局ではどうでしたか。

唐橋 情報番組をやっていたんですが、予算が少ない局だったので、フリップも全部手書きで、大変なことも多かったですね。

テリー 自分で何でもしないといけないんだ。

唐橋 はい。お店の情報を調べて、取材許可を取って、資料を集めて、原稿も書いて。仕事が盛りだくさんでした。本当に寝る暇もなかったんですね。夜勤もありましたし。

テリー じゃあ地方局で5年頑張って、今度は東京で勝負しようと思って、関口宏さんの事務所に入ったんですね。

唐橋 はい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった