事件

麻原彰晃「6月死刑執行」の戦慄現場!(2)独房で糞尿を垂れ流して・・・

 このうち、第1の壁については、昨年5月9日、東京地裁で2度目の再審請求が棄却されている。松本死刑囚は東京高裁へ即時抗告したが、1度目の再審請求と同じく、2度目の抗告も高裁、そして最高裁で棄却される可能性が高い。
「そもそも、再審請求中の死刑執行停止については、事実上、法律の運用の問題として、検察官の胸先三寸に委ねられている。2度目の再審請求が地裁で棄却された今、検察官が麻原の死刑執行をためらう理由はありません」(検察関係者)
 同様に、第2の壁についても、昨年11月21日、遠藤誠一死刑囚に対する死刑判決が最高裁で確定し、一連のオウム裁判に歴史的な区切りがついた。そんな中、法務当局が頭を悩ませ続けてきたのが、「心神喪失」という第3の壁だった。
「麻原は東京拘置所に収監されているが、独房でオムツの中に糞尿を垂れ流したり、接見室でマスターベーションを始めたりと、廃人同然のありさま。法廷でも意味不明な言葉を口走るなど、外形的には心神喪失を強く疑わせる状況が続いています」(東京拘置所関係者)
 しかし、法務当局は一枚も二枚も上手だった。前出の法務省大幹部も、
「麻原の異常行動は、『心神喪失』によるものではなく、死刑逃れのための『詐病』にすぎません」
 こう指摘したうえで、次のように明かす。
「法務当局は麻原の逮捕、収監直後から、東京拘置所の刑務官らに命じて、麻原の詐病の証拠を収集させてきました。人間は24時間、365日、一分のスキもなく異常を装うことなどできはしない。控訴審前に行われた精神鑑定でも『裁判を受ける能力はある』との結果が出たように、証拠の収集から見えてきた結論も『麻原には法的責任能力あり』というものでした」
 このように、松本死刑囚の死刑執行を阻む壁は、昨年の11月末時点でほぼ突き崩されていた。ところが、それから1カ月後の大みそかの夜、冒頭で指摘した平田被告の電撃出頭によって、再び「第2の壁」が立ちはだかってきたのである。だが、法務当局の対応はきわめて迅速だった。
 死刑執行に関するさまざまな規定は、刑事訴訟法第475条に書かれている。冒頭で紹介した第2の壁を巡る規定も同条にあるが、実は、同条はきわめて弾力的に運用されている。同条に詳しい法務省幹部によれば、
「例えば、同条には『法務大臣は死刑確定から6カ月以内に執行を命じなければならない』旨の規定がある」

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由