芸能

井上真央 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」視聴率低迷で“腫れ物扱い”?(1)低視聴率の責任を人一倍感じている

20150521e

 4月12日に9.8%と歴代最速となる視聴率1桁台を記録した大河ドラマ「花燃ゆ」。幕末モノのキラーコンテンツ「龍馬」登場の5月3日放送でさえ、10.2%にとどまり、主演の井上真央(28)はもはや“腫れ物扱い”だという。

「主演である以上、私の力不足ですとしか言えない」

 先月行われた「花燃ゆ」試写会後の会見でこう自責の念を語った井上。その様子は非常に暗く、かける言葉も見つからない雰囲気だったという。

「あまりいじめないでほしいですし、お手柔らかにお願いします」

 と視聴率には触れてほしくない胸中も吐露した異例の“謝罪会見”だったが、NHK関係者が理由を語る。

「彼女の演じる吉田松陰の妹・文は逸話が細かく残っていません。そのため、制作サイドは井上に、撮影が始まる前、『あなたに(ドラマを)作っていってほしい』とお願いしたのです」

 張り切った井上は、

「ここは、文の性格からすれば、普通の怒り顔ではなく、もっと目をつり上げて怒るべきではないか」

 など、演出面でも積極的にアイデアを出しているが、今のところ結果にはつながっていない。

「井上は非常に責任感が強い。今回、大河ドラマ史上最低となっている視聴率の原因は、自分の演技がまずかったせいなのでは、と落ち込んでいるようです」(NHK関係者)

 共演者には東出昌大や伊勢谷友介など世代の近い俳優もいて、相談をしやすい環境にあると思えるのだが‥‥芸能コメンテーターの松本佳子氏が語る。

「内にこもったり、世界観を持っている俳優が多いですね。真央ちゃんが事務所に大事にされていることもあり、若い男性陣とあまり仲よくなれず、孤立しやすい環境だと思います」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
2
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
3
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
4
あの川田利明が「ベンツ3台分をつぎ込んでも」ラーメン屋を続ける理由とは!?
5
常盤貴子の完熟ボディに熱視線!過去最高の「2つのふくらみ」は見逃せないッ