芸能

主な仕事は「ブログ炎上」の矢口真里、再起の鍵は「セクシービーム」の復活!?

20150605yaguchi

 矢口真里が5月27日のブログで、芸能生活17年目の節目を綴るとともに、あのスキャンダルは「死ぬほど辛いこと」だと発言し、波紋を呼んでいる。

 先日も、大好きだと公言するマンガ「ONE PIECE」を自身の人生をなぞらえ、「ONE PIECEって、恋愛だけ描いてないんです。だから失敗しました」と発言し、批判を受けたばかりだ。

 矢口がたびたびブログに炎上の“燃料投下”するのはなぜなのか。芸能レポーターがこう語る。

「騒動後、また何か問題を起こすのではと企業側からも敬遠され、CMも『脱毛娘。』のみで、現在レギュラー番組はゼロ。このままでは需要がなくなると、相当焦っているので話題作りに必死なのでしょう。交際中の間男彼氏と別れない限り、悪いイメージを払拭することは不可能ですよ」

 一方、音楽関係者は「矢口が再ブレイクする可能性はある」と言って、こう続ける。

「あまり知られていないが、矢口の透明感のある歌声はファンの間でも評価が高く、魅力的です。モーニング娘。は矢口が加入後、ラブマシーンが大ヒットしにぎやかな曲にシフトしたため、矢口に与えられたパートは『セクシービーム!』といった掛け声ばかりで、本来の声を生かす曲に巡り会えなかった。以前、矢口が参加した派生ユニット、タンポポの『motto』という曲は、恋人とベッドの上で初めての体験をしたことを書かれた曲。15歳の彼女には荷が重すぎると思いきや、セクシーに歌いあげていました。スキャンダル女王のイメージがついた今、大胆な衣装を着こなし、オトナな歌で勝負をかけたら話題になるのでは」

 リアルすぎる「セクシービーム!」で再起を狙ってみる!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え