芸能

14年ぶりアクション映画で魅せた釈由美子の完熟ボディをプレイバック!

20150618h

 釈由美子(36)が主演アクション映画で、「まだまだ成長中」のボディを披露。タンクトップから“突き出た”過激谷間の全容に迫る!

 映画評論家の秋本鉄次氏がこう称賛する。

「映画『修羅雪姫』から14年ぶりのアクション映画で、鍛え抜かれて引き締まった体を披露しました。戦闘時には、豊満な胸が主張され、ボディラインがはっきりとわかる黒の衣装を着用し、敵をニラみつけた時のサディスティックな鋭い目にはゾクゾクとしましたね」

 釈が体当たり演技を見せているのは、6月20日公開の映画「KIRI─『職業・殺し屋。』外伝─」(配給・東映ビデオ)だ。

 ヒロインの釈は暗殺者として育てられ、復讐に燃える孤高の殺し屋を演じる。

 古武道の黒帯を持つ釈にとって、肉体同士をぶつけ合う格闘シーンははまり役で見応え十分なのだが、やっぱり気になってしまうのは、汗で透けたタンクトップ姿だろう。

 ふだんから加圧トレーニングを取り入れ、三十路を過ぎてもハリのあるEカップがサンドバッグを殴るたびにぶるん、ぶるんと揺れる。前出の秋本氏も興奮気味にこう語る。

「よつんばいになって柔軟体操をした時には、タンクトップから胸がこぼれそうな迫力があり、思わず『おおっ』と声を上げそうになった。格闘シーンで漏れる吐息も色っぽさを感じましたが、汗が谷間を滑り落ちる場面は、スローモーションで艶めかしく撮ってもよかったのに」

 釈がアクション女優を目指したのには、当時つきあっていた交際相手のアドバイスがあったと、芸能記者は言う。

「女優として伸び悩み、仕事が減った時に、格闘技好きの彼氏から『日本にはアンジェリーナ・ジョリーのようなアクションができる女優がいないので、そこを目指せ』と言われ、トレーニングを始めたのです」

 また、抜群のプロポーションを維持するために、ある美容法を取り入れているそうだ。テレビ雑誌の編集者が取材時に聞いたエピソードをこう明かす。

「公にはしていない話として、家ではいつも何も着ないで過ごしていると教えてくれました。胸の垂れ具合で、体重の増減がわかるそうです」

“釈ボディ”の映画公開が待たれる間、期待はたまらなく膨らむばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題