スポーツ

故三沢光晴メモリアルツアーで緊急来日した“スタン・ハンセン”を独占インタビュー!「3世代のレスラーたちと歴史を作れたことが誇り」

20150625r

── その後、全日本のリングで闘うようになってからは控え室でも殴り合うなど、すごい闘いをやりましたね。

ハンセン 『喧嘩ではなくビジネスだ、と理解していてもトップに立ちたい』という気持ちがあるから、時には一線を越えてしまうこともあった。当時の闘いは、それだけ熱かった。

── 天龍は11月に引退しますが、何かメッセージはありますか?

ハンセン まず『グッドラック』。そして『ダークライト』。そう伝えれば、天龍は意味がわかるはずだから(笑)。

── 天龍本人から聞いたことがあります。英語があまり話せないジョージア時代に暗い会場で「ダークライトだな」と言ったら、ハンセンさんに「そんな英語はないぞ」と笑われたと。

ハンセン ワッハッハ! 真面目な話をすれば、天龍はすばらしいキャリアを築いたし、私にとって日本人の対戦相手としてベストだった。激しくやり合ったが、本当にリスペクトしているよ。

── 振り返ってみれば、ハンセンさんは馬場&猪木、鶴田&天龍、そして三沢らの四天王‥‥3世代と闘っていたんですね。

ハンセン 3世代のレスラーたちと歴史を作れたことはすごく誇りに思っている。90年に天龍が去ったあと、全日本は三沢たち若い世代を上に持っていかなければいけない状況になったが、その壁になって立ち塞がるのが私の仕事だった。彼らを叩き潰すのに必死だったよ。私が手加減せずに必死になって叩き潰しにかかっていたからこそ、彼らが私を乗り越えた時にファンは彼らを真のトップと認めて心からたたえたと思う。

── 作られたトップにファンは共感しませんからね。

ハンセン 彼らは上の人間がいなくなったから自動的に上に行ったのではなく、実力で壁を越えたんだ。私は馬場から何も指示されたことはない。だから私は、必死に自分のポジションを守っていただけだよ。ブロディが88年7月に亡くなり、そのあとにファンクスも去って、昔からのトップ外国人は私だけになってしまったから、そのポジションを守るために必死に闘っていた。

── 82年1月から00年10月まで18年9カ月間、全日本を主戦場にして、01年1月28日に全日本の東京ドームで引退セレモニーを行うというプロレス人生でした。

ハンセン 約27年のプロレス・キャリアのほとんどを全日本で過ごした。自分自身、ジャイアント馬場の全日本プロレスの人間だったという意識がある。特にシリアスに考えることもなく、自分のポジションを守るために毎日必死にやっていたら、いつの間にか年月が過ぎたという感覚だったが、東京ドームの引退セレモニーの時に初めて込み上げてくるものがあったよ。あの時、ファンの私に対するリスペクトと感謝をすごく感じたし、ミセス馬場(元子夫人)がすばらしいセレモニーをやってくれて、本当に感無量だった。

── 引退されたあとも来日されていますが、注目している日本人選手はいますか?

ハンセン 最近は新日本にタイトルマッチの立会人として呼ばれることが多い。そこで見た中では、今の時代のプロレスだったら棚橋(弘至)はカリスマ性があると感じる。さらに中邑(真輔)など、いいタレントがたくさんいる。もう私がリングで闘うことはないが、若い世代のレスラーには本当に頑張ってもらいたいね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日