スポーツ

故三沢光晴メモリアルツアーで緊急来日した“スタン・ハンセン”を独占インタビュー!「3世代のレスラーたちと歴史を作れたことが誇り」

20150625r

── その後、全日本のリングで闘うようになってからは控え室でも殴り合うなど、すごい闘いをやりましたね。

ハンセン 『喧嘩ではなくビジネスだ、と理解していてもトップに立ちたい』という気持ちがあるから、時には一線を越えてしまうこともあった。当時の闘いは、それだけ熱かった。

── 天龍は11月に引退しますが、何かメッセージはありますか?

ハンセン まず『グッドラック』。そして『ダークライト』。そう伝えれば、天龍は意味がわかるはずだから(笑)。

── 天龍本人から聞いたことがあります。英語があまり話せないジョージア時代に暗い会場で「ダークライトだな」と言ったら、ハンセンさんに「そんな英語はないぞ」と笑われたと。

ハンセン ワッハッハ! 真面目な話をすれば、天龍はすばらしいキャリアを築いたし、私にとって日本人の対戦相手としてベストだった。激しくやり合ったが、本当にリスペクトしているよ。

── 振り返ってみれば、ハンセンさんは馬場&猪木、鶴田&天龍、そして三沢らの四天王‥‥3世代と闘っていたんですね。

ハンセン 3世代のレスラーたちと歴史を作れたことはすごく誇りに思っている。90年に天龍が去ったあと、全日本は三沢たち若い世代を上に持っていかなければいけない状況になったが、その壁になって立ち塞がるのが私の仕事だった。彼らを叩き潰すのに必死だったよ。私が手加減せずに必死になって叩き潰しにかかっていたからこそ、彼らが私を乗り越えた時にファンは彼らを真のトップと認めて心からたたえたと思う。

── 作られたトップにファンは共感しませんからね。

ハンセン 彼らは上の人間がいなくなったから自動的に上に行ったのではなく、実力で壁を越えたんだ。私は馬場から何も指示されたことはない。だから私は、必死に自分のポジションを守っていただけだよ。ブロディが88年7月に亡くなり、そのあとにファンクスも去って、昔からのトップ外国人は私だけになってしまったから、そのポジションを守るために必死に闘っていた。

── 82年1月から00年10月まで18年9カ月間、全日本を主戦場にして、01年1月28日に全日本の東京ドームで引退セレモニーを行うというプロレス人生でした。

ハンセン 約27年のプロレス・キャリアのほとんどを全日本で過ごした。自分自身、ジャイアント馬場の全日本プロレスの人間だったという意識がある。特にシリアスに考えることもなく、自分のポジションを守るために毎日必死にやっていたら、いつの間にか年月が過ぎたという感覚だったが、東京ドームの引退セレモニーの時に初めて込み上げてくるものがあったよ。あの時、ファンの私に対するリスペクトと感謝をすごく感じたし、ミセス馬場(元子夫人)がすばらしいセレモニーをやってくれて、本当に感無量だった。

── 引退されたあとも来日されていますが、注目している日本人選手はいますか?

ハンセン 最近は新日本にタイトルマッチの立会人として呼ばれることが多い。そこで見た中では、今の時代のプロレスだったら棚橋(弘至)はカリスマ性があると感じる。さらに中邑(真輔)など、いいタレントがたくさんいる。もう私がリングで闘うことはないが、若い世代のレスラーには本当に頑張ってもらいたいね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相