芸能

主演大河ドラマ不振で井上真央の今後の展開は?

20150702e-2

 視聴率が1桁台を記録するなど崖っぷち状態のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で、「主演である以上、私の力不足」と発言、「責任」を一身に背負っているのが井上真央(28)である。ドラマ関係者は、現場の迷走ぶりについてタメ息をついた。

「テコ入れのために脚本が大幅に書き直されました。当初なかった新しいキャストが加わり、中にはリハーサル5日前にオファーを出された役者もいて大混乱。こんなことは、過去の大河にはありませんでしたね」

 その脚本修整に伴い、「低視聴率女優」の出番も削られることになった。ドラマ関係者が続けて明かす。

「撮影現場の井上は、どこか所在なさげにたたずんでいます。しかし出番がない時も白の長襦袢を着て、他の俳優陣の演技を陰から見守っている。時代劇の撮影では女優がブラジャーを着けることはありません。あの白い布のすぐ下に乳房があるかと思うと、ついつい視線が胸元に行ってしまう。『大奥編』の撮影が始まってからは衣装もより華やかになり、衣装替えにも時間がかかる。長襦袢姿で過ごすのも、少しでも撮影をスムーズに進めるための配慮でしょう」

 薄い布の下に乳房が‥‥という無防備な姿にドキドキしたと、興奮を隠さない共演者もいたという。

 視聴率とは裏腹な、周囲の高ぶりを誘う井上の「ブラなし待機」について「ごく自然なこと」と解説するのは、芸能ウオッチャーの酒井十三氏である。

「子役時代から芸能界に身を置くため、スタッフや共演者に見られることへの抵抗感が少ない。12歳で出演したドラマ『キッズ・ウォー』でも着替えシーン、チャイナ服、大人びた水着姿を大胆にさらしていました。同作品では『私ってセクシー』というマセたセリフもあった。大人になってブラなしぐらいは、彼女にとって当たり前のことです」

 そんな井上の抵抗感のなさは、大河の低視聴率で失墜した名誉を挽回する絶好の材料となるようで、

「巻き返しのためには、意外性を求められます。かといって、いきなり脱ぐとなると、焦り感まる出し。映画の中で大人の役をやるのがいいでしょう。国際映画祭に出品するような作品で、絡みのシーンに挑む。今までより大人の艶感が出たシーンを、園子温監督あたりに撮られるのがいいでしょう」(芸能ジャーナリスト・安良佳人氏)

 井上真央の正念場はまだ続く。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」