エンタメ

最新刊78巻もバカ売れ!「ONE PIECE」のルーツは「抜作先生」だった!?

20150705onepiece

 デビューできるのは1000人に一人とも言われるマンガ界。アシスタント修業こそがデビューへの近道であると言っても過言ではない。そこであの国民的マンガのDNAを数珠つなぎでさかのぼってみた。

 もはや説明不要の国民的マンガ誌「週刊少年ジャンプ」は、連載を持つこと=一流作家と言われるほど、マンガ家にとっても憧れの場である。

「ジャンプの特徴は作家に専属契約を結ばせること。これは他誌に人気作家を引き抜かれるのを防ぐためですが、ジャンプ一筋の作家が多いために、師弟関係も“純粋なジャンプ系”同士が多く、つながりも強いと言われる」(マンガ誌編集者)

 現在、ジャンプの人気NO1マンガといえば、「ONE PIECE」だろう。7月3日には最新刊となる78巻が発売され、出版不況を物ともしないモンスター級の売れ行きを見せている。その作者は言わずと知れた尾田栄一郎氏だが、“マンガ家系図”をひも解いていくと、意外な原点に行き着くのだ。

「尾田氏が師事していたのが『るろうに剣心』の和月伸宏氏。そして、和月氏の師匠は『DEATH NOTE』の小畑健氏です。さらに、小畑氏がアシスタントをしていたのが『THE MOMOTAROH』のにわのまこと氏。そのにわの氏の師匠をたどると、往年のギャグマンガ『ついでにとんちんかん』のえんどコイチ氏につながるのです。たしかに、ナイフが頭に刺さってもまったくどうじない『抜作先生』と、砲弾もはじき返すゴム人間の『ルフィ』が似ているのは興味深いですね」(サブカル誌のライター)

 ジャンプの黄金時代を築いたヒーローたちの遺伝子が総動員されたのが、「ルフィ」だったのだ!

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”