エンタメ

最新刊78巻もバカ売れ!「ONE PIECE」のルーツは「抜作先生」だった!?

20150705onepiece

 デビューできるのは1000人に一人とも言われるマンガ界。アシスタント修業こそがデビューへの近道であると言っても過言ではない。そこであの国民的マンガのDNAを数珠つなぎでさかのぼってみた。

 もはや説明不要の国民的マンガ誌「週刊少年ジャンプ」は、連載を持つこと=一流作家と言われるほど、マンガ家にとっても憧れの場である。

「ジャンプの特徴は作家に専属契約を結ばせること。これは他誌に人気作家を引き抜かれるのを防ぐためですが、ジャンプ一筋の作家が多いために、師弟関係も“純粋なジャンプ系”同士が多く、つながりも強いと言われる」(マンガ誌編集者)

 現在、ジャンプの人気NO1マンガといえば、「ONE PIECE」だろう。7月3日には最新刊となる78巻が発売され、出版不況を物ともしないモンスター級の売れ行きを見せている。その作者は言わずと知れた尾田栄一郎氏だが、“マンガ家系図”をひも解いていくと、意外な原点に行き着くのだ。

「尾田氏が師事していたのが『るろうに剣心』の和月伸宏氏。そして、和月氏の師匠は『DEATH NOTE』の小畑健氏です。さらに、小畑氏がアシスタントをしていたのが『THE MOMOTAROH』のにわのまこと氏。そのにわの氏の師匠をたどると、往年のギャグマンガ『ついでにとんちんかん』のえんどコイチ氏につながるのです。たしかに、ナイフが頭に刺さってもまったくどうじない『抜作先生』と、砲弾もはじき返すゴム人間の『ルフィ』が似ているのは興味深いですね」(サブカル誌のライター)

 ジャンプの黄金時代を築いたヒーローたちの遺伝子が総動員されたのが、「ルフィ」だったのだ!

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」