芸能

「27時間テレビ」ひどすぎる宣伝コピーに「爆死確実」「打ち切り必至」の声

20150722-27hours

 7月25~26日に生放送される「FNS27時間テレビ めちゃ×2ピンチってるッ! 本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」(フジテレビ系)に最低視聴率更新がささやかれている。

 発端は、7月13日から全国で貼りだされた番組ポスターのキャッチコピーだった。「めちゃ×2イケてるッ!」出演者のナインティナイン・岡村隆史扮する“ホンキーマン”の泣き顔がドアップ。その横に「テレビの時代はもう終わり?」の文字が躍り、その右側に笑顔で「…でも俺、本気出しちゃいます」のコピー。公式サイトの宣伝用のムービーでは、「テレビの時代はもう終わりだ。」と言い切っている。

「ネット上では悪評しきりです。“いったいどっちなんだ”という声が渦巻いています。『楽しくなければ、テレビじゃない』と散々煽った局とは思えませんね。『視聴率が低迷しているのはフジだけなのに他局まで勝手に巻き込むな』『悔しかったらおもしろくして見せろ』『いまさら何を言っても負け犬の遠吠えだ』という厳しい論調です」(ネットライター)

 それというのも、今年のテーマが「本気」にもかかわらず、本気に見えない企画の貧困さにある。先頃6.3%の低視聴率を記録した「めちゃイケ」がメインになり、レギュラーメンバーが出まくること。大久保佳代子の88キロマラソンや、「めちゃイケ」メンバーによる水泳大会や体力測定のほか、“ちびっこダンサー”によるダンスバトル「FNSちびっこホンキーダンス選手権」などを目玉にしているためだ。

 一昨年、女芸人総出による司会で「女子力」をテーマにした際は、1ケタ台の9.8%しかあげられなかった。打ち切りの声もあがったが、昨年、SMAPが司会を務めて、平均視聴率13.8%にまでアップ。企画しだいでは、いくらでも高視聴率をあげることができることを証明して見せた。なのに、あの時の反省はどこへ消えたのか。

「どっちつかずの宣伝コピーに、すでに局の内外で『悪夢の繰り返し』の声があがっている。山本圭壱が飛び入り出演して極楽とんぼの漫才復活というのが、隠し玉らしいが、視聴者がフジテレビに求めているものは、そんな小手先レベルのものではない」(芸能ライター)

 定例会見で毎回他人事のように低視聴率を嘆く社長。社員の半分を異動させるなど悪あがきに終始。最低視聴率更新なら、今年で打ち切り必至の様相だ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発