芸能

「純文学感じない…」和田アキ子、又吉直樹への暴言で問われる“大御所の器”

20150722wada

 芸能界のご意見番として、歯に衣着せぬ物言いが話題になる和田アキ子だが、このところその言動が暴走しているようだ。

 というのも、7月19日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)での発言がまた、視聴者からの非難を浴びているからだ。

 それは、ピースの又吉直樹が「火花」で芥川賞を受賞した話題に及んだときのこと。お笑い界初の受賞だっただけに、又吉と同じ事務所の大先輩である桂文枝をはじめ、爆笑問題の太田光らからの“お祝いのコメント”が数々紹介された。

 すると和田は「みなさん『純文学を感じた』というが、何も感じなかった」と首を傾げながら発言し、この受賞に納得のいかないそぶりを見せたのだ。

 それに対し勝俣州和が、又吉が敬愛する太宰治などの本を「もっと読んだほうがいい」と促すと、「太宰治からいろいろな小説は読んでいますよ。本好きなほうだけど」と、自分は読書家であると反論して見せた。

 このやり取りに視聴者は素早く反応。「なんで普通におめでとうと言えないのかな」との批判が相次いだ。

 さらに過日、宇多田ヒカルに対する暴言についても触れられ、「宇多田ヒカルの件でこりたと思ったのにまた余計なことを‥‥」と、和田の止まらぬ暴言にウンザリしているかのような意見も出始めた。

 芸能ジャーナリストも「たしかに大人気ない発言」とバッサリ斬り捨てる。

「もしかしたら又吉から『受賞しました』との連絡がなかったのかもしれませんね。もし、電話やメールを受けていたら、『受賞が決まった後に又吉から連絡あってさ‥‥』と、いつものドヤ顔で自慢していたはず。番組の準レギュラーである又吉から連絡がなかったことにヘソを曲げたのでは?」

 芸能界では大御所とまで言われる存在になった和田。これ以上大人気ない発言で失笑を買わぬよう、後輩を温かい目で見守る度量を持ってほしいものだ。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「服からバストがこぼれそう」最新写真に“過去最高艶度”の声!
2
藤田菜七子が土屋太鳳を“公開処刑”した!?超小顔とスレンダー大人ボディ
3
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
西内まりやがココまで脱いでいた!「全裸監督2」騎乗シーン再現