芸能

「純文学感じない…」和田アキ子、又吉直樹への暴言で問われる“大御所の器”

20150722wada

 芸能界のご意見番として、歯に衣着せぬ物言いが話題になる和田アキ子だが、このところその言動が暴走しているようだ。

 というのも、7月19日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)での発言がまた、視聴者からの非難を浴びているからだ。

 それは、ピースの又吉直樹が「火花」で芥川賞を受賞した話題に及んだときのこと。お笑い界初の受賞だっただけに、又吉と同じ事務所の大先輩である桂文枝をはじめ、爆笑問題の太田光らからの“お祝いのコメント”が数々紹介された。

 すると和田は「みなさん『純文学を感じた』というが、何も感じなかった」と首を傾げながら発言し、この受賞に納得のいかないそぶりを見せたのだ。

 それに対し勝俣州和が、又吉が敬愛する太宰治などの本を「もっと読んだほうがいい」と促すと、「太宰治からいろいろな小説は読んでいますよ。本好きなほうだけど」と、自分は読書家であると反論して見せた。

 このやり取りに視聴者は素早く反応。「なんで普通におめでとうと言えないのかな」との批判が相次いだ。

 さらに過日、宇多田ヒカルに対する暴言についても触れられ、「宇多田ヒカルの件でこりたと思ったのにまた余計なことを‥‥」と、和田の止まらぬ暴言にウンザリしているかのような意見も出始めた。

 芸能ジャーナリストも「たしかに大人気ない発言」とバッサリ斬り捨てる。

「もしかしたら又吉から『受賞しました』との連絡がなかったのかもしれませんね。もし、電話やメールを受けていたら、『受賞が決まった後に又吉から連絡あってさ‥‥』と、いつものドヤ顔で自慢していたはず。番組の準レギュラーである又吉から連絡がなかったことにヘソを曲げたのでは?」

 芸能界では大御所とまで言われる存在になった和田。これ以上大人気ない発言で失笑を買わぬよう、後輩を温かい目で見守る度量を持ってほしいものだ。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
5
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?