芸能

「ピョン吉」を好演、満島ひかりが女優を志したウルトラマン監督からの一言

20150803mitsusima

 7月11日にスタートした松山ケンイチ主演のドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ系)。視聴率は初回の13.1%が第3話では6.4%と下がっているが、ピョン吉の声を演じる満島ひかりの演技は絶賛されている。

「満島さんは当初『何で私なんだろう?』と驚いたそうですが、同時に『未体験の役に出逢えて嬉しい』とワクワクしたと言っていました。アニメで声優を務めた千々松幸子さんの声を何度も聴いたり、ピョン吉が『平面ガエル』になったとされる練馬区の石神井公園にも足を運んだそうですよ。満島さんは役が決まると、楽しみながら深く掘り下げていきます。2012年のドラマ『開拓者たち』(NHK BSプレミアム)で産婆の役を演じた時は、勉強するうちにどんどん面白くなって、本気で産婆を目指そうと思ったくらいだそうです」(テレビ局関係者)

 今や「若手NO1女優」の呼び声も高い満島。女優を志したのは、2005年に連続ドラマ初出演した「ウルトラマンマックス」(TBS系)がきっかけだったという。芸能関係者が語る。

「特撮は回によって監督が違うことが多く、この作品は10人がメガホンを取りました。中には『デスノート』(2006年)の金子修介監督、『一命』(2011年)の三池崇史監督など、後に満島さんを映画に起用する監督もいたのですが、彼女はその時、女優をやることに迷いがあったんです。そんな中、長く『ウルトラマンシリーズ』を手掛けてきた実相寺昭雄監督の回の撮影に臨みます。撮影の合間、実相寺さんは満島さんのところにやってきて、『役者に向いてるから続けるといいよ』と言ったんです。迷いを見抜いたかのようなその言葉に心を強く打たれ、『役者をしっかりやろう』と決意したんだそうです」

 実相寺氏が監督を務めたのは全39話中の2話だけで、翌年の2006年に亡くなっている。それ以来、「人や作品との出逢いを大切にしよう」と誓ったという満島。その想いが今回の好演を呼び寄せたのだろう。

(中村葵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!