芸能

「進撃の巨人」論争が火種となって宇多丸VS園子温の「代理戦争」勃発!

20150812shingeki

 公開直後より作品の評価を巡り、賛否両論の意見が様々な形で飛び交っている「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(樋口真嗣監督)。

 ラッパーであり、映画評論家としても評価の高いライムスター・宇多丸も、8日放送のTBSラジオ「ウィークエンド・シャッフル」の人気コーナー「週刊映画時評 ムービーウォッチメン」でついにこの話題作を取り上げ、「ものすごーく頑張っているのは、疑いの余地はない」と現場の努力を認めたものの、一方で「普通の会話のシーンがダサい」「緊迫感を削ぐ演出が多い」などと、辛らつな感想を述べた。

「親しい間柄でもある評論家・町山智浩が脚本に参加していることもあり、宇多丸さんも話し方には非常に気を遣っている印象がありましたが、批判すべき部分はかなり正直に語っていました」(映画ライター)

 そんな宇多丸の批評に関してツイッターで噛み付いてきたのが映画監督の園子温。「(宇多丸はラジオで)『進撃──』や園の作品『TOKYO TRIBE』のダメな部分にも容赦なく斬り込んでいた」という内容のツイートに対し、「斬られてねえよ、傷がないし。痛みもない」と自身のアカウントから反論。さらに、「容赦ないって、ただ見ただけだろ? 肉体的評論じゃねぇよ」「ウタマルってモドキ映画評論家ぶった野郎はラップだけやっとけ。馬鹿。」と、これまた容赦ない罵声を書き込み続けたのだ。

「昨年、同コーナーで『TOKYO TRIBE』も取り上げられたんですよ。『進撃──』同様、頑張りを認めるものの、問題点は厳しくツッコんだ内容でした。確かに映画を完成させるまでの現場の苦労はわかるんですが、映画批評っていうのは、結局作品ありきのところもありますからね‥‥」(映画ライター)

 酷評もまた、映画を観た者の意見。耳障りの悪い意見も受け止めながら、さらなる良作を生み出してもらいたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声