芸能

福士蒼汰にはなれない!?「仮面ライダー」の懲りないホスト化に失笑の嵐

20150819hukushi

 オダギリジョー、綾野剛、水嶋ヒロ、佐藤健、福士蒼汰など、数多くのイケメン俳優を生み出してきた平成「仮面ライダー」シリーズ。1971年から続く往年の少年ヒーローものを新たな形に蘇らせたと、世間で絶賛されたこともまだまだ記憶に新しい。等身大のヒーロー、怪人との戦い、そして「変身」というワクワクする合言葉は、平成の子供たちにも絶大に受けたわけだが、さらに昭和時代とは違う上記の若手イケメン役者の抜擢で、子供たちの母親の視線まで集めたのが大成功を後押ししたことは間違いないのだ。

 ところがここ数年、仮面ライダーの人気にあきらかにかげりが見えてきたという。

「ネタ切れもあるのでしょうが、ライダーのキャラクターの複雑化に子供たちが乗り切れないという声も聞きます。それ以上に言われているのは、本来は子供のヒーローであるはずの仮面ライダーが、いまや完全にイケメン好きの母親たちにシフトしすぎているということです」(テレビ誌記者)

 10月4日スタートの「仮面ライダーゴースト」にも、オスカープロモーション所属でジュノンボーイである“イケメン17歳”の西銘駿が抜てきされることが発表されたばかり。

「綾野剛、佐藤健、福士蒼汰ら、売れっ子イケメン路線に乗せようと、芸能事務所が必死なんでしょうね。ところがこの2、3年のライダー役者はたいしてブレイクしていない。要はやり過ぎなんですよ。しょせんは子供たちが憧れてナンボです。それを無視して“見た目”だけの新人をあてがって、『ママさん、今度のイケメンはどうですか?』と押し付けられても、もしタイプに合わなければママたちは翌週から観ませんからね。一部では『芸能界のホスト養成所』と失笑されてますよ」(週刊誌記者)

 人気急落を象徴する決定打として、8月8日に夏休み映画として満を持して公開された「劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー」の大コケがある。数年前は映画版も興行ランキングの首位争いが当たり前のドル箱だったが、この新作は初週によもやの6位の低空発進、翌週にはベスト10圏外まで去ってしまった。さらに新ライダーの茶髪17歳には早くも「チャラすぎる」「ジュノンライダーはもうやめろ!」「芸人のほうがマシ」「石森章太郎先生が泣いている」など罵声の嵐だ。

 子供たちに見離され、ママたちも関心がなくなった「仮面ライダー」。ついに伝説の終焉が迫っているのだろうか‥‥。

(村岡タクミ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
やはり新垣結衣は175センチ?満員電車のシーンで身長がバレた!
2
米倉涼子、「リーガルV」初回が高視聴率でも関係者が“ガッカリした”理由!
3
有働由美子「news zero」の“バラエティ化”に視聴者の「失望の声」続々!
4
吉村崇のほうがマシ!? 映画「キングダム」、原作ファンが最も違和感覚えた配役
5
主要キャストが降板!?「下町ロケット」続編に懸念される2つの不安要素とは?