芸能

「芸能界ピンチヒッター秘話」ドラマ「花燃ゆ」広末涼子⇒鈴木杏は意外な問題で…

20150823pinchhitter

「バッター○○に代わりまして、△△」のコールとともにスタンドに大歓声がこだまする。プロ野球ではおなじみの光景である。そしてドラマや映画、CMの美女たちにも、あらゆる場面でピンチヒッターが登場。そこには、世にも不思議な“ウラ事情”が存在した!

 大河ドラマとして、歴代最低視聴率を更新する勢いの「花燃ゆ」だが、それを象徴したのが広末涼子から鈴木杏への交代劇。

 主人公である文(井上真央)の最初の夫・久坂玄端(東出昌大)の愛妾で、「芸妓の辰路」という重要な役を演じるはずだった。第20回(5月17日)からの登場ということは、NHKも“中押し”の効果を期待していたのだろう。

 広末の出演はなくなったのは、何と「第三子の妊娠5カ月」というナマナマしい理由だった。

「朝ドラや大河のように長丁場の場合は“バースコントロール”をするのが普通なのですが‥‥」(スポーツ紙デスク)

 低視聴率の大河ドラマに出ることよりも、目の前の快楽のほうが大事だったということ?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!