芸能

「スッキリ!!」をとるか山本圭壱をとるか?正念場に立たされた加藤浩次の苦悩

20150824kato

 極楽とんぼ・加藤浩次が20日、都内で行われたBSスカパー!開局1周年記念番組「BSスカパー!って知ってますか!?」の制作発表会に出席。かつての相方である山本圭壱のテレビ復帰をほのめかした。

 番組は加藤のほか、ロンドンブーツ1号2号の田村淳、劇団ひとりの3人が、「地上波では絶対に見ることができない番組」をテーマに各人がそれぞれ企画・製作を担当。劇団ひとりは「下ネタ」を、田村は「社会派」で攻めたいと話すなか、加藤は「じっくりコントをやりたい」と、7月に都内で行われた自身が脚本・演出を務めたコントライブ「イルネス製作所」のメンバーを再招集する構想を明かした。

 記者から「番組にサプライズゲストは来るのか?」という質問が飛び出すと、加藤は間髪入れず「山本のことですよね?」と反応。続けて「出るかもしれないです。可能性はあります」と、山本のテレビ共演に含みを持たせ、番組関係者もそれに同調してみせた。

「地上波に比べて視聴者の少ないBSの番組であれば、“お試し”で出演させられると目論んでいるのかもしれません。ここで評判が良ければ、加藤も地上波番組のスタッフに山本の起用を頼みやすくなるでしょうし、結果が出なければ本人も周囲もあきらめがつく。もし実現すれば、長引く山本復帰問題を解決させるいい試金石の場にはなるかもしれませんね」(芸能ライター)

 しかし、そもそも山本のテレビ復帰を頑なに拒否し続けているのは、スポンサーを抱えるテレビ局側にある。

「被害女性が年齢詐称していたとはいえ、未成年との淫行騒動の過去があるタレントを番組に出演させようものなら、スポンサーが黙ってはいません。しかも主婦層が主な視聴者である『スッキリ!!』(日本テレビ系)に出演する加藤にとっては、そのダメージは計り知れない。『スッキリ!!』をとるか山本をとるか、加藤にとっては苦渋の選択を迫られることになるでしょう」(テレビ局関係者)

 長年のレギュラー番組である「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)が低視聴率であえぐなか、加藤個人は番組MCとしての仕事も順調に増え、タレントとして安定した地位を築き上げている。

「まるで“出る出る詐欺”かのように山本を宣伝材料に利用するのは反感を買うだけ」とは前出のテレビ局関係者だが、そんな手法をいつまで続けるのなら、加藤自身の失墜にも関わってくるかもしれない。

(佐藤マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
3
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
全脱ぎ披露!?「花のち晴れ」で飯豊まりえが起用された“裏事情”