芸能

“真夏のキャンペーンガール”50年全史「青木英美(70年・ハリスBONガム)」デビュー直後の撮影でカメラマンと一触即発

20150903q-3

 70年代の青春ドラマで、鮮烈な印象を残した女優が青木英美(62)だ。当時の日本人には珍しい黄金比ボディは、モデルとしてもまばゆい光を放っていた。

 その名をとどろかせたのは、16歳で「ミス・ヤングインターナショナル」の世界2位に選ばれたこと。大阪万博を翌年に控えた69年のことだった。

 その前年には「ミスティーンコンテスト」で準ミスに輝き、2年続けて多忙な日々を送る。

「特に『ヤングインターナショナル』は日本で開催されたので、世界50カ国のミスが来日して、3週間ほど一緒に過ごしましたよ。王冠をつけて各地のレセプションや開会式に飛び回っていました」

 ここで注目されて芸能界にデビューし、168センチの恵まれたプロポーションでキャンペーンガールとしての一歩を踏み出す。子供向けのチューインガムで知られた製菓会社「ハリス」が、若者層を狙った「ハリスチューイングBON」を新たに売り出し、その広告塔となった。

「2年の契約でしたが、いつもすごくオシャレな衣装を用意していただきました。真っ赤なバイクに合わせた赤い革のツナギとか、短パンに膝上20センチのロングブーツ、当時の流行だったマキシスカートもありましたね」

 テレビのCMも、ジェットスキーで海を疾走するなど最先端を行っていた。キャンペーンガールとしては満点の活躍だったが、そのために逃した仕事もあった。

 スポ根ドラマの金字塔として最高視聴率39.3%を記録した「サインはV」(69年、TBS系)である。

「范文雀さんが演じられた悲運のアタッカーのジュン・サンダース役に決まりかけていたんです。ところが、ドラマは不二家の1社提供で、私は同じ製菓のライバル会社であるハリスのイメージが強かったから、流れてしまいました」

 翌70年には晴れて「金メダルへのターン!」(フジテレビ系)でスポ根ドラマへの出演を果たす。主人公と敵対する役だったため、街を歩いていると「意地悪なお姉さん」とつぶやかれることも多かった。

 女優としての人気を決定づけたのは、村野武憲主演の「飛び出せ!青春」(72年、日本テレビ系)と、中村雅俊主演の「われら青春!」(74年、日テレ系)における森下真樹役。女子高生を演じて人気を集め、同じ役名で引き続き出演という異例のキャスティングになった。

「雅俊さんの出身が宮城の女川町なので、震災後に『われら青春!』の出演者やスタッフを中心に、復興支援隊を作ったんです。街頭募金を集めたり、現地の保育所の子供たちにプレゼントを持って訪問しました」

 もう一つの代表作は、ジーパン刑事(松田優作)と同じ日に配属されて七曲署のお茶くみとなった「太陽にほえろ!」(73年、日テレ系)だ。撮影が終われば優作らと飲みに行くことも何度かあった。

「優作さんもまだ新人でしたので、物静かで礼儀正しい方でしたよ。ただ、お酒が入ると演技のことに関しては熱っぽく語っていましたね」

 その後、芸能界を離れてフランスに滞在。私生活では結婚と離婚も経験したが、現在は再びモデルとして活動している。すらりと伸びた手足は、デビューから半世紀近くがたつが、みごとにキープしている。

「特に秘訣はないんですよ。3食をよく食べて、よく歩くことですかね」

 世界基準の肢体は、そんなナチュラルな法則で維持できるようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
5
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き