芸能

永遠の70年代アイドルに会いたい!「ザ・リリーズ(好きよキャプテン)」14歳のデビューから迎えた40週年ライブ

20150924_1001oo

 北海道・夕張の町からやって来た双子の姉妹は、ザ・ピーナッツの後継者として華々しくデビューした。75年のことである。姉・燕奈緒美、妹・燕真由美は、デビュー40周年の今も再びザ・リリーズの歌を届けている。

──近年は「同窓会コンサート」という多くの70年代歌手が集合するライブに参加していますね。

奈緒美 年間で90カ所、昼夜2回ですから180公演になることもあります。

真由美 よくご一緒する尾藤イサオさんは私たちの顔をジーッと見て「うん、こっちが姉で、こっちが妹だ」と、いつも間違えずに言ってくれます。

──14歳でデビューした2人が、休止期間はあったにせよ、40周年を迎えたことは驚きです。

真由美 最近のライブのMCで「デビューした時は14歳でした」と言うんです。

奈緒美 で、「それが今では2人合わせて108歳です」と。会場が必ずザワザワとどよめきますね。

──数字だけ聞くと一瞬、ビックリしますよね(笑)。さてデビューした75年、その前年に同じ渡辺プロの大先輩であるザ・ピーナッツが引退。会社としても新たな双子の歌手の売り出しに積極的だったのでは?

奈緒美 確かに通常は新人にマネージャーは1人ですけど、私たちはチーフマネや音楽出版の人もいて、いつも3人のスタッフがついてくれました。

──地方から出て来たばかりで、まだ14歳ですから、ボディガード的な意味合いもあったんでしょうね。その態勢が重荷に感じたことはなかった?

真由美 夕張の大地で育った2人ですから、それがプレッシャーとか感じないんです。本当にボーッとしていましたから。

奈緒美 芸能界の水がこんなに合わないのかとも思いましたよ。ホームシックも2人が交互にかかっていた状態でしたし。

──代表作は2作目の「好きよキャプテン」(75年)でしたね。放課後の校庭が思い浮かぶような永遠の青春ソングです。

真由美 松本隆さんが歌謡界に進出した最初の頃の作詞ですね。太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」よりも少し早かった。

奈緒美 男性ファンだけでなく、女性の方でも詞に自分を照らし合わせていたと言われることは多いです。

──プライベートでは姉・奈緒美が85年に結婚したことでデュオの活動を休止。以降、3人の子育てに追われた日々が続きました。

奈緒美 はい、下の子を産んだあとにバツイチにはなってしまいましたが‥‥。でも3人の子がいたから頑張ってこれたし、歌うことの意味もあらためてわかった気がします。

真由美 私は残念ながら今も独身のままですが、やはり1人は産んでおくべきだったかなと思いますね。かといって、姉の母親姿を見てもピンとこないところはあるんですが(笑)。

──再結成はデビュー30周年だった05年。そこから10年がたちました。

真由美 ありがたいですね。10年前も古くからのファンの方々に背中を押された形でしたし。

奈緒美 私たちのファンの人たちって、いわゆる親衛隊的なニオイがまったくしないんですよ。硬派な優等生タイプが多くて、困った行動をする人もほとんどいません(笑)。

──暮れに向けて40周年イヤーの締めくくりは、そんな長年のファンに支えられそうですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」