芸能

主演を窪田正孝に戻せ!劇場版「デスノート」にファンが「今年最大のガッカリ」

20151007higashide

 放映中は賛否ありながら、最終的には視聴率も盛り返しおおむね高評価で終了したのが、ドラマ版「デスノート」。初回に記録した視聴率16.9%が一時は半減したものの2ケタまでに戻したことで、主人公の夜神月(ライト)役を怪演した窪田正孝の評価もうなぎ上りとなった。

 その余勢をかってか否か、再び来年公開で映画化されることも大きく報道された。ストーリーもドラマの続編ではなく新たなものになるということで、原作ファンやドラマファンのみならず期待が集まっているという。ところが、再劇場版のキャスティングにファンから叫びに似た悲鳴が上がっているというのだ。

「ストーリーが続編でないならキャスティングが一新されても当然といえば当然ですが、窪田が演じたライト役に東出昌大が抜擢されたということで一斉バッシングが起こっています」(エンタメ誌編集者)

 人気女優である杏との挙式も話題となり、ハリウッド俳優・渡辺謙の義理の息子にもなってしまった東出の置かれた状況は、まさに誰もがうらやむ状況。ところが、映画やドラマを熱心に見るユーザーたちには「日本でいちばん下手クソな俳優」としての評価が確立してしまっているから大変だ。

「頼むから東出だけはやめて!」「手遅れにならないうちに再考すべき」「今年の映画ニュースで最大級のガッカリ」など、東出以外なら誰でもいいという意見もあるほど、期待する声は皆無といっていいほど散々だ。

「ドラマ版で山崎賢人が演じたL役は、『紙の月』などで映画専門誌などの助演男優賞を総なめにした池松壮亮にバトンタッチのようですが、こちらに関しては演技力大幅アップと期待が高まっています。ところが主人公のライトがドラマでの怪演がみごとだった窪田から東出では、まるでプロから素人へのシフトチェンジといってもいい。このライトとLの演技バランスが悪くなることは必至で、熱烈なデスノートファンに同情せざるをえませんね」(前出・エンタメ誌編集者)

 06年公開の「デスノート」は興収70億円を記録する特大ヒットとなり社会現象にもなったが、くしくも10年後に公開となる今回のリブート版も2016年の目玉の一つとして大プッシュされる可能性が高い。このファン無視のキャスティングが、つまずきの一歩めとならなければよいのだが‥‥。

(藤田まさし)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊藤綾子、「二宮と結婚間近はウソ」を証明する“芸能界の新たな動き”!
2
まさかのGカップに!浜崎あゆみの胸がV字回復していた
3
男女交際の温床だった!?山口達也「Rの法則」終了危機でアイドルファン歓喜
4
高橋真麻、Gカップ胸をテーブルに「置かせていただきました」写真の衝撃
5
高橋真麻、最新水着ショットの胸サイズがついに「G」から「H」に!?