芸能

川島なお美に北斗晶、他人の不幸をダシにする松居一代に信者がいるワケ

20151015matsui

 松居一代の発言がなにかと物議をかもしている。乳がん手術を行った北斗晶に投資術を指南するとアピールしたり、胆管がんで亡くなった女優の川島なお美が自分の夫である船越英一郎と交際していたことを明かすなど、相手かまわず自分の話題に仕立て上げてしまうのだ。これらの発言について芸能ライターが解説する。

「彼女はいまや、掃除術や投資術を指南するライフスタイルアドバイザーの仕事がメインで、著書のアピールにも熱心。自分の利益のためには他人を利用するのも厭わないタイプのようで、川島や北斗の名前をあげたところにもそれが表われています」

 そんな松居は人使いも相当荒いという。以前、松居の掃除術を取材したことがある女性誌ライターが教えてくれた。

「その時は松居さんの自宅に行き、まずは実践ということで、掃除や片づけをさせられました。それを松居さんが監視して、『ここにまだホコリが残っている!』などと姑のようにチェックするんです。でも掃除術の達人なら、掃除するところが残っているのが不思議ですよね。しかも、ほかの取材でも同じことをしているそうで、自分でちゃんと掃除しているのかどうか疑問に感じました」

 このように評判の芳しくない松居だが、著書の売れ行きは好調だとか。それを支えているのが松居信者ともいうべき層の存在だ。その信者について、前出の芸能ライターが語る。

「松居信者が集まるネット掲示板があり、なかには松居の掃除術で汚れが落ちたと効果を評価する声もありますが、書き込みの多くは松居一代自身を礼賛するものなんです。彼女の生き方に憧れているとか、苦労を乗り越えてきた姿に涙が出るなど、まさに教祖と信者の関係そのもの。どうやら松居の堂々とした振る舞いや自己アピール術に、強いオーラを感じているようです」

 その掲示板には「松居一代さんの存在そのものが感動です!」といった手放しの礼賛まであり、読んでいるほうが恥ずかしくなるほど。そんな信者にとってはきっと、北斗や川島についての発言も、「心から北斗さんのことを気遣っている」とか、「川島さんが魅力的な女優さんだったと教えてくれた」と聞こえるのであろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!