芸能

ファンも戦々恐々、嵐・二宮和也はおかずクラブ・オカリナとのキスもOK!?

20151015ninomiya

 今年大ブレイクした女性お笑いコンビの「おかずクラブ」。コントでメキメキと存在感をアピールしてきた彼女たちだが、最近はブスかわいいキャラすら確立した彼女たちが、テレビ出演のたびに“ビジネスキス”を見せており、そこでも世間の注目が集まっている。

 近いところでは、くりぃむしちゅーの上田晋也、ピースの綾部祐二などの芸人はもちろん、日本テレビの上重聡アナウンサーまでもがその標的になっている。

 上重アナとのキスについては「会社員なのに可哀想」という上重に対する同情の声も多かったが、この予期せぬ出来事(?)はヤフーのトップニュースとして紹介されるなど、反響も非常に大きかった。これを足掛かりにビジネスキスの流れがさらに加速し「次なるターゲットは誰なのか?」と一部では盛り上がりを見せているようだ。

 そんな中、あのアンタッチャブルな国民的アイドルグループのメンバーが餌食になってしまうのではと心配されている。嵐の二宮和也だ!

 二宮がパーソナリティを務めるラジオ番組「BAY STORM」(bayfm)での発言が事の発端のようだ。

「過去にバラエティ番組で女装した男性とアクリル板ごしにキスをしたことがある二宮に、もしまたそういう機会があったら対応できるかという質問がリスナーから寄せられました。それに対して二宮は『全然できますよ。普通のキスでも対応できる』とあっさり回答。その理由について『仕事になった以上、対応可。仕事だよ! 自分の気持ちとかどうでもいい。リアルに断って空気が悪くなるほうが嫌だ』と自らの持論を展開したのです。あくまで、女装した男性とのキスというおちゃらけシチュエーション前提での話ではありますが、仕事を全うしようとするプロ意識の高さは伺えました。ですから、オカリナがこの発言を知っているなら、チャンスを逃さないと思います(笑)」(女性誌記者)

 嵐といえば、櫻井翔もダチョウ倶楽部の上島竜兵と、同トリオの定番コントでキスを交わすことが多い。だが、たとえ上島相手でもそのたびにファンたちは悲鳴を上げ、中にはテレビ局へクレームをあげるファンもいるようだ。

 二宮がオカリナとキスをするとなれば、その比ではないのは容易に想像できる。実際、嵐ファンにとってはなんとしても共演してほしくない芸人として「おかずクラブ」の名前が挙がっているようだが、限りなく“女子の願望まる出し”のビジネスキスは実現するだろうか!

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
4
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白