芸能

堀北真希 新婚生活で夫・山本耕史が俳優仲間に「こわい…」と話した理由とは?

20151029d

 男性経験が無いとの噂が絶えなかったが、突如、俳優・山本耕史(38)との入籍を発表して新妻となった堀北真希(27)。演技派女優としての実力は誰もが知るところだが、気になる主婦力は? 秘密の「子作り新婚生活」に迫る!

 都内の閑静な立地にたたずむ隠れが的な飲食店で、夫・山本の姿が目撃されたのは9月下旬。

「俳優仲間らしき男性たち数人と談笑していました。テーブルに女性の姿はなく、出演した舞台やドラマの話で盛り上がっていました」(目撃した女性客)

 話題の中心はやはり山本で、新婚生活についてアレコレ質問が飛んだ。

「新居のマンションの間取りまで話していましたよ。堀北さんは大のキレイ好きで、掃除をしている時は近所のコンビニで立ち読みをして時間を潰しているとか、おもしろおかしく語っていました」(前出・目撃者)

 だが、堀北の愛妻料理について話を振られると、山本は表情を曇らせた。しばしの間、眉間にシワを寄せると、こう漏らしたのだ。

「こわい‥‥」

 山本を震え上がらせる堀北の手料理とは──。

「黒コゲだったようです。でも、周囲は引くどころか腹を抱えて爆笑してましたよ。というのも、実際の腕前はともかく、以前に堀北さんがバラエティに出演して料理を真っ黒に焦がしたエピソードを誰かがしていたので‥‥」(前出・目撃者)

 問題の「黒コゲ番組」はすぐ特定できた。13年9月14日放送の「チューボーですよ!」(TBS系)で、堀北はトンでもない失敗をやらかしていたのだ。芸能評論家の織田祐二氏が言う。

「ファンの間では伝説のシーンです。シュークリーム作りに挑戦した堀北が生地を焼いたら真っ黒になって、シイタケのようになってしまった。カスタードクリームが入ったボウルに、別のボウルを落としてしまうなど、明らかに料理に慣れていない様子でした」

 思わぬハプニングで「料理下手」の烙印を押された堀北だが、決して料理嫌いではなさそうだ。

「ドラマの現場にはよくお弁当を持参して、共演者にもお裾分けしているようです。インドア派の堀北は、お酒はもっぱら家飲み。つまみ料理は得意でも、お菓子作りの経験はなかったのでしょう」(前出・織田氏)

 また、デビュー当時から堀北を知る芸能記者はこうフォローするのだ。

「中学生の時にスカウトされて以降、10年以上、仕事漬けでしたからね。ほとんど家にも帰れずに、母親に料理を教わる機会もなかったのでしょう。だから今は、あまり自分が食べられなかった煮物やおひたしなど家庭料理の腕を磨いているようです。味噌汁もダシからきちんと取る本格派のようです」

 料理の腕では、山本も負けていない。

「松たか子(38)や牧瀬里穂(43)ら、名だたる女優と噂になったモテ男が武器にしていたのが料理で、得意なジャンルはイタリアン。ある男性タレントが山本のパスタを食べ、感動のあまりしばらく家に通い詰めたそうです」(前出・芸能記者)

 今年初めに放送された主演ドラマ「まっしろ」(TBS系)が大コケした堀北。山本の支えがあれば料理が“まっくろ”になることはなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!