芸能

「あさが来た」絶好調で“同時代”大河ドラマの井上真央がさらなる公開処刑

20151029inoue

 NHK朝ドラ「あさが来た」が絶好調だ。初週の20%超えから高視聴率を維持。第4週は平均で22.3%を記録し、徐々に視聴者の数を増やしている。

「行動的で、余計なひと言も多い主人公・あさ(波瑠)に対して、もの静かで何事もグッとこらえるタイプの姉・はつ(宮崎あおい)。2人の性格、そして境遇の対比が見事に表れています。そして、嫁であるはつをいびり倒す姑役の萬田久子。そんな母に服従するも、やがてはつのために母に抗う夫役の柄本佑など、脇を固める役者も充実しています」(芸能ライター)

 さらなる展開が期待されるところだが、一方で心配されるのが大河ドラマだ。

「『花燃ゆ』は依然として低空飛行を続けています。奇しくも、舞台が幕末から明治時代にかけてで主人公が女性。朝ドラと比較されるのも無理はありません。明治時代に入り、舞台を群馬に移してから少し盛り返していますが、V字回復とはいきません。井上真央演じる主人公が、時代の流れにおいて当事者になることがなく、常に脇で翻弄される立場であることが低視聴率の原因と言われています。おおみそかの『紅白』にもとても呼べないほどの爆死ぶりに、井上のメンタルはかなり弱っているとか。朝ドラとも比較されて、ますます“公開処刑”状態に拍車がかかってしまっています」(週刊誌記者)

 ネット上では「朝ドラと同じキャスト、同じテーマで大河作れば?」との書き込みがあるほど、両者の差は歴然だ。

「あさが来た」は来春、「花燃ゆ」は12月まで。さらなる展開に注目だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美