芸能

「安保法案反対スピーチ」で干されたはずの石田純一、実はオファー増加中!?

20151031ishida

 今年9月、国会前の安保法案反対デモに参加し「戦争は文化ではありません」とスピーチを行った石田純一。その後、一部週刊誌の取材に対し、デモに参加した影響で「テレビ番組を3つキャンセルされ、CMも1つ減った」と石田本人が答えるも、即座に事務所が否定。真相は謎のままである。

 そんな石田に関して、「賛否のわかれるテーマについて一方の肩を持ったわけですから、スポンサーには煙たがられるに決まってます」と語るのは、広告代理店社員である。

 石田本人が「キャンセルされた」と証言しているように、出演番組減少もやむなしかと思いきや、実際は違うようなのである。キャスティング会社関係者が明かす。

「むしろオファーが増えていると聞きますよ。安保法案反対スピーチ以降、石田さんにコメンテーター系のオファーが増えているんです。番組としては政治的に“多少の色”が付いているタレントのほうが使いやすい。MXテレビ『5時に夢中!』のスタッフも『石田さんにレギュラーになってほしい』と話していた。あのスピーチで知的なイメージが強調されて、クイズ番組のオファーも増えるでしょうね」

 作家の室井佑月氏が「石田さんを孤立させちゃいけない」と題したコラムを発表するなど、様々な立場から論じられてきた「石田純一への圧力」だが、テレビ業界で働く力学は思いのほか単純なようであった。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!