芸能

鈴木京香 新年連ドラ「WOWOW・荒地の恋」で妖艶シーンを大胆熱演!

20151112b

 かつて交際相手を追いロサンゼルスに豪邸を買うほどの“元祖尽くす女”鈴木京香(47)が、ヒモ男との濡れ場を熱艶! 気になるその中身をどこよりも早く公開しよう。

 来年1月9日から連続ドラマ「荒地の恋」(WOWOW)が、全5回で放送される。ねじめ正一氏の同名小説が原作であり、詩人、翻訳家として戦後の詩界を牽引した故・北村太郎氏の半生を描いた作品だ。豊川悦司(53)扮する北村氏が、40年来の友人である詩人・田村隆一氏(故人)の妻・明子と禁断の関係に落ちる。この相手・明子を演じるのが鈴木である。

「物語の前半は北村が明子の肉体に溺れていく姿が濃密に描かれる予定です。もともと何度もドラマ化などの話は出ていたものの、性描写が過激すぎて何度も頓挫した作品です。明子のシーンを含め、何度も登場する性描写をどう描くか試行錯誤されてきたんです」(テレビ関係者)

 近年、WOWOWで放送されるドラマは、地上波では自粛必至の激しいエロスに満ちていると芸能評論家・三杉武氏は語る。

「今年2月、相武紗季が最大の濡れ場に挑戦した『硝子の葦』もWOWOWだった。衛星放送のオリジナルドラマといえば、昔は一流女優が主演する地上波と比較して、実験的印象が強かったですが、今や有名女優が体当たり艶技にチャレンジする場という印象です。鈴木といえば不倫をテーマにした『セカンドバージン』(NHK)で素肌を出し惜しみして、期待を裏切った過去がある。それを踏まえ、満を持しての不倫ドラマ出演。当然、WOWOWのエロスコードで扇情シーンを熱演してくれるはずです」

 期待の濡れ場を原作からひもといてみよう。2人は喫茶店で待ち合わせてはラブホテルに向かうという、性欲に忠実な逢瀬を繰り返す。親友の妻を寝取るという背徳感と、熟れた体で男をとりこにするという快感が、まるで麻薬のように2人の頭を麻痺させていく。禁断の行為を盛り上げる魔性の熟ボディについてはこう表現されている。

〈四十六歳の明子の体は痩せているのにやわらかかった。(中略)どこもかしこもやわらかく、指で強く押すと跡が残りそうな気がした〉

 前出・三杉氏はまさに鈴木が適役だと喝破する。

「キャンギャル出身ならではの細身スタイルはもちろん、知性あふれる大人の香りも漂わせる。熟してなお芸能界屈指の背中のラインを誇っていますからね」

 肉欲に溺れた還暦目前の男は愛人への欲望を抑えられず、ついには駆け落ちに走る。しかし、生活力のない男は別居中の妻への“慰謝料”の支払いで精いっぱい。明子に金を無心するヒモと化す。思えば関係の冷えきった夫も酒に溺れて、女関係にだらしなかった。鈴木が演じる明子は、悲しくもそうしたダメ男を愛してしまう──。

 ついに2人は禁断の性交に臨む。神奈川県稲村ヶ崎。かつて夫と生活した家に間男を連れ込んだ鈴木は、細く熟れた腰を抱かれる。

〈「明ちゃん愛しているよ」

「ダメ。やんちゃはダメだってば」

 抵抗は弱々しかった。海の見えるベッドに二人は倒れこんだ。〉

 愛した夫が使っていたベッドで、間男と激しく体を重ね合わせるのだ。

「頭ではダメだとわかっているのに、今まで経験したことのないであろう快楽に体があらがえない。女優・鈴木がどんな表情を見せるのか、今から楽しみです」(前出・三杉氏)

 ところで鈴木といえば、10年より年下俳優・長谷川博己(38)と交際してきたが、年齢や収入の違いから当初は格差が指摘されてきた。どことなくドラマの設定とかぶるが、同棲は解消、すでに破局を迎えたとも報じられている。

「いや、家庭の事情で同棲は解消したようですが、実は、交際はまだ続いているようです。最近も都内でツーショットの目撃情報が寄せられています」(女性誌記者)

 いよいよ結婚に向かうのか──。その前に本ドラマでの艶技をタップリ堪能したいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!