芸能

社長肝いり”森高千里司会番組大コケ”でフジテレビが画策する起死回生の一手とは?

20151112c

 深刻な視聴率低迷が続くフジテレビ。かつて「楽しくなければテレビじゃない」と豪語した同局だが、ちっとも楽しくない状況に‥‥。そこで、テレビじゃなくなる前に起死回生を狙って、禁断の一手を打つ!

 フジ低迷の象徴が、司会に森高千里とアンジャッシュ渡部を抜擢、今春、同局では21年ぶりの生音楽番組としてスタートした「水曜歌謡祭」だ。ゴールデン帯にもかかわらず、初回から7%台にとどまり、いつしか3%台に沈み込むなど大コケ。10月からは金曜の深夜帯へと「都落ち」した。なぜか大コケの司会コンビはそのままに、「Love Music」と番組名を変え、ひっそりと再スタートを切っている。

「亀山千広社長の肝いりで森高を迎えただけに、『水曜歌謡祭』の失敗は大ダメージですよ」

 と語るのは、同局の中堅社員である。

「もともとこの番組の司会のオファーを森高は断っていたんです。それを社長が拝み倒して迎え入れた。このまま終われば森高の顔を潰すことになり、引くに引けず、深夜帯への移動となったんです」

 この社員によれば、局の威信をかけた「水曜歌謡祭」の制作費は1回3000万円。「Love Music」では1000万円程度まで圧縮したというが、

「改編後も森高のギャラは1回150万円で変わっていないと聞きました」(フジ制作スタッフ)

 ところが「Love Music」の初回視聴率は3.7%(関東地区)。深夜帯であることを差し引いても、成功したとは言えない。制作スタッフが続ける。

「森高の所属事務所から『テコ入れ要望メール』が頻繁に届いているようです。それに振り回される担当スタッフも気の毒。フジには『音組』と呼ばれる音楽番組制作のプロ集団がいるんですが、こんなドタバタを繰り返していたら、愛想を尽かして他局に流出しかねない、と心配を口にする社員も少なくありません」

 焦りが見えるのはこれだけではない。10月23日に行われた定例会見では「『27時間テレビ』について、『休止も含めた検討』を行う」と亀山社長が表明。局内外に衝撃が走った。前出・中堅社員によれば、

「『27時間テレビ』に限ったことではなく、どの長寿番組にも見直し案が出ています。社長を筆頭として幹部の大半が『育成路線』。古い番組を終わらせてでも20代から30代の若いスタッフを抜擢する方針を打ち出しています。もっとも、フジには80年代のノリを好む、ベテランよりもセンスが保守的で懐古趣味の若手が多く、課題は山積していますが」

 そんな中、同局が視聴率回復の打開策として最もアテにしているのが「スポーツ番組」。プロ野球、フィギュアスケートに注力するほか、今年の大みそかには10年ぶりに格闘技特番を放送する。定例会見で「スポーツの躍動感を見せる」と意気込んだ亀山社長だが、

「幹部は新格闘技団体『RIZIN』に大きな期待を寄せているようですが、いまさらの感がありますよね」

 と、前出・中堅社員は辛口だ。

 さらに「期待されている番組」として、この中堅社員があげたのが、11月から始まる土曜深夜のドラマ「トランジットガールズ」。伊藤沙莉と佐久間由衣が主演のこの作品のテーマはなんと、「レズの恋愛」。フジのドラマ関係者は言う。

「自主規制の緩い時間帯なので、相当エグい描写が出ますよ。ハードなレズセックスも期待できるのでは。2人とも『脱げる』前提でキャスティングされたという話も聞いています」

 バラエティ番組の「育成期間」に「スポーツ」と「レズ」で攻勢を仕掛けるというフジテレビだが、視聴率以外に心配な話題もチラホラ聞こえてくるのだ。

「社員の間では社長の『ある疑惑』が根強くささやかれているんです。それは‥‥カツラ疑惑ですよ。去年、社長がチャリティで行った氷水をかぶる『アイスバケツチャレンジ』も、疑惑払拭のためではないかと言われているんです」(前出・中堅社員)

 復活の兆しはどこに──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し