エンタメ

ギャンブルライター・浜田正則の「パチンコ必勝手記」“11月は1年の中でも「シブい月」打つなら新台より旧台を狙おう”

20151112y

◆月の指南「11月の戦略」◆

 11月は、1年で最も警戒すべき月です。同月は「第25回 全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」が、11月13日(金)~15日(日)の3日間、開催されますが、この「ファン感」も、集客目的の策ですからね。

 そんな11月の戦略は、ズバリ「日和見」です。11月はシブい月であるうえに、今年は“改悪”と悪名高い新内規の機種が出るのが、この11月1日スタート。

 また、都内では非等価が施行される日でもあり、まさにいいトコなし‥‥なのですが、ピンチはチャンス。それら発令のマイナスイメージ払拭&ごまかし目的で、アケになる期待もあることを意識しておいてください。

 実際、蓋を開けてみないとわからないのですが、甘い営業になる可能性は50%ぐらい。けっこう高いと思いますよ。その際には旧台が狙い目ですね。

 新内規機は「これだけアケても全然出ない」などという、基本スペックの問題も懸念されますので、冒頭に記したとおり、「日和見」でいきましょう。

 11月は狙い目の新台なども特にありません。というのも、10月のシルバーウイークで旧内規機の駆け込み導入があり、12月はご存じ、歳末商戦。11月はこの“谷間”に陥ってしまったからです。

 というわけで、【1】新台入替だろうと打つなら旧台。【2】非等価など、新条例に基づくルール変更の把握をし、会員カードの貯玉を能動的に行う。この2本を柱に立ち回ってください。

◆実戦指南「11月11日」◆

 ところで、パチンコの聖なる日は「7月7日」と相場が決まっていますが、「ゾロ目」を旧イベントに設けていた店舗などにとっては、7月7日と同等に聖なる日がこの11月11日。

 そんなわけで、この“もう1つの聖なる日”である11月11日は、ゾロ目派の店を要チェック。冒頭に記した「ファン感」が過ぎ、そして勤労感謝の日を含む3連休が過ぎた翌週の平日はさすがに店が「シメすぎたことでの焦り」からの還元が期待できます。期待半分程度でのぞくのはアリでしょう。

 あと、そうです、そうです。これら「ゾロ目派」店舗で、強化月間になるのが、この「月」が「ゾロ目」になっている「11月」であることは、意外に知られていない事実。地味なんですけど、店側は律儀にそれを実践している場合がままありますので、ちょっと探ってみてください。

◆プロフィール 浜田正則(はまだ・まさのり) パチンコ生活歴29年。業界寄りの記述をする「パチンコライター」とは一線を画し、ファン目線で真実のみを文章につづる「ギャンブルライター」として18年目を迎える。漫画の原作者としても活躍しており、作品は多数。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!