芸能

妻は堀北真希似でスタイル抜群!「下町ロケット」吉川晃司の親バカ私生活

20151112kikkawa

 高視聴率を続ける連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系)に出演し近頃高い評価を得ているのが、布袋寅泰とのユニット「COMPLEX」でも活躍したアーティスト吉川晃司だ。

「主役の阿部寛を全否定する敵役が、阿部たちの情熱に触れやがて会社を欺くという難しい役どころを好演し、『渋カッコイイ』という声が視聴者からあがっています。近頃は、昔出入り禁止になったNHKの大河ドラマ『天地人』の織田信長役、『八重の桜』の西郷隆盛役を演じるなど、演技派としても俄然注目を集めています」(女性誌記者)

 一時は芸能界最強伝説が囁かれるなど、やんちゃぶりが目立っていたが、一体どんな心境の変化があったのか。

「個人事務所を起こしてから世間の荒波にももまれ、ずいぶん丸くなりましたね。また東日本大震災をきっかけに、2年間秘密にしていた妻子を公表。『家庭を持ったりすると自分の中のナイフが錆びる』なんてうそぶいていた吉川が、すっかり子煩悩なパパ。こうした私生活の充実ぶりが、演技の幅を広げているのではないでしょうか」(ドラマ関係者)

 表に出ることのない妻について、吉川をよく知る事務所関係者はこう語る。

「スポーツ万能でスタイル抜群。堀北真希さん似の美人です。40代のバツイチで、吉川とはドラマの現場で知り合った元医療関係者。子供を出産した後も故郷・富山で暮らしていましたが、2011年に入籍しました。6歳になる愛娘についても近頃は、『日本舞踊を習わせ、将来は女優にしたい』なんて言って親バカぶりを発揮しています。『65歳には引退して、念願の中国史本を執筆する』人生設計を口にしているけど、愛する娘の成長を見守るためにも、引退なんて先の先ですね」

 来年の1月に公開される「さらば あぶない刑事」では、最悪最強のカタキ役も演じる。これからますます、吉川の演技が注目を浴びそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは