芸能

「探偵・由利麟太郎」、視聴率不振も吉川晃司の圧倒的な存在感に称賛の声

 横溝正史原作の小説「由利麟太郎シリーズ」を実写ドラマ化した「探偵・由利麟太郎」(フジテレビ系)が7月14日で最終回を迎える。同ドラマが地上波ドラマ初主演となる吉川晃司演じる探偵の由利麟太郎は、元・警視庁捜査一課長の経歴を持つ探偵にして犯罪心理学者。先端恐怖症だが弓道の心得があるという設定だ。

 6月16日に初回放送がスタートしたとたん、シルバーグレイヘアに黒いスーツを着こなした吉川演じる麟太郎に対し、ツイッター上では「カッコよさハンパない」「実写とは思えない吉川晃司の圧巻ボディバランス」「見た目の圧がすごい」「無言で立ってるだけで主役感ダダ漏れ」「たくましくて美しい野獣のような佇まい」など、称賛の声があふれかえったものだった。

「中学時代から水球で鍛えた吉川の肩幅の広い美ボディは、スーツを着用すると実に映えるんです。また、そんなガタイのいい吉川が、はかま姿で弓の弦に矢を当てて的を狙う様子は、まさに獣が静かに獲物を狙う姿を連想させ、迫力満点かつ麟太郎という“和風探偵”を象徴するシーンとなっていたのでは。一部のドラマファンからは、昨年10月期に放送されたディーン・フジオカ主演ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)との類似点がネット上で指摘されているようです。ディーンが演じたのは、コナン・ドイルによる世界的に有名な探偵=シャーロック・ホームズを日本人に置き換えた誉獅子雄という“洋風探偵”で、ビルなどを背景にした都会の街中でバイオリンを弾くシーンが印象的でしたからね」(テレビ誌ライター)

 今年7月に東京五輪が開催予定だったため“オリンピックシフト”として3月末にクランクアップしていた「探偵・由利麟太郎」。視聴率的にはもう一つではあったが、ロケ撮影もすべて京都をはじめとする関西地区で行われているため、より一層“和風”が感じられる作品となった。それが吉川の個性を際立たたせたことは間違いないだろう。次回の「主演ドラマ」が待ち遠しい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!