芸能

「探偵・由利麟太郎」、視聴率不振も吉川晃司の圧倒的な存在感に称賛の声

 横溝正史原作の小説「由利麟太郎シリーズ」を実写ドラマ化した「探偵・由利麟太郎」(フジテレビ系)が7月14日で最終回を迎える。同ドラマが地上波ドラマ初主演となる吉川晃司演じる探偵の由利麟太郎は、元・警視庁捜査一課長の経歴を持つ探偵にして犯罪心理学者。先端恐怖症だが弓道の心得があるという設定だ。

 6月16日に初回放送がスタートしたとたん、シルバーグレイヘアに黒いスーツを着こなした吉川演じる麟太郎に対し、ツイッター上では「カッコよさハンパない」「実写とは思えない吉川晃司の圧巻ボディバランス」「見た目の圧がすごい」「無言で立ってるだけで主役感ダダ漏れ」「たくましくて美しい野獣のような佇まい」など、称賛の声があふれかえったものだった。

「中学時代から水球で鍛えた吉川の肩幅の広い美ボディは、スーツを着用すると実に映えるんです。また、そんなガタイのいい吉川が、はかま姿で弓の弦に矢を当てて的を狙う様子は、まさに獣が静かに獲物を狙う姿を連想させ、迫力満点かつ麟太郎という“和風探偵”を象徴するシーンとなっていたのでは。一部のドラマファンからは、昨年10月期に放送されたディーン・フジオカ主演ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)との類似点がネット上で指摘されているようです。ディーンが演じたのは、コナン・ドイルによる世界的に有名な探偵=シャーロック・ホームズを日本人に置き換えた誉獅子雄という“洋風探偵”で、ビルなどを背景にした都会の街中でバイオリンを弾くシーンが印象的でしたからね」(テレビ誌ライター)

 今年7月に東京五輪が開催予定だったため“オリンピックシフト”として3月末にクランクアップしていた「探偵・由利麟太郎」。視聴率的にはもう一つではあったが、ロケ撮影もすべて京都をはじめとする関西地区で行われているため、より一層“和風”が感じられる作品となった。それが吉川の個性を際立たたせたことは間違いないだろう。次回の「主演ドラマ」が待ち遠しい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”