芸能

低迷のフジテレビ、みのもんたゴールデン起用でさらなる奈落の底へ!?

20151111mino

 みのもんたのテレビ完全復活が近づいている。「1週間で最も長時間、テレビの生番組に出演する司会者(21時間42分)」としてギネス記録に認定されたのは、今から9年前。飛ぶ鳥を落とす勢いの売れっ子だったが、2年前につまずいた。

 次男が窃盗未遂容疑で逮捕(不起訴)されたことから、バッシングの矢面に立たされ、朝の情報番組「朝ズバッ!」(TBS系)などの降板に追い込まれたことは周知のとおり。現在のレギュラーはわずかに2本という現状だ。「みのもんたのニッポンdiscover again」(文化放送)と「秘密のケンミンSHOW」(読売テレビ)しかない。

 V6が出演、みのが校長役を務めたバラエティ番組「学校へ行こう!」が「学校へ行こう!2015」として7年ぶりに放送された。1回限りの放送ということもあり、平均視聴率17.8%、最高視聴率22.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を叩きだした。放送したのは「朝ズバッ!」のTBS。思わぬ高視聴率に早くも禊を済ませた気分でいるようだ。

 次にみのを復帰させるのは、TBS以上に低視聴率にあえいでいるフジテレビ。

 12月5日の2時間スペシャル番組への起用となった。

 同番組は中居正広が司会を務める「たまッチ!」の特番としてここ数年、夕方枠で放送していた。今年は「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞~安心してください! 33年分ありますよSP~」と題して、徳光和夫とみの、中居の3人がタッグを組んで登場する。

 みのは昨年までナレーションだけの参加だったが、今回はスタジオで顔を突き合わせて丁々発止のしゃべりを見せるという。

「みのがすごいのは、あのナレーションを台本なしですべてアドリブで収録してきたこと。収録前に画像を見たら、後は立て板に水でしゃべることができる。野球の実況中継、生放送、ニュース番組で連日鍛えてきただけのことはありますよ」(スポーツ紙記者)

 フジとしては、みの解禁からなし崩しで本格登板させたいらしい。テレビ誌記者が言う。

「局としては何としてでも高視聴率を記録したい。とはいえ、日本シリーズの視聴率は最高で12.5%しか取れなかった。みの起用で食指を動かす視聴者がどれだけいるのかも不明です。すぐにでも朝か夕方の主婦向け番組にすえて、数字の底上げを図りたいフジですが、視聴者の嫌悪感が消えたとは思えず、みのに一番反発している主婦層に総スカンを食らうことも考えられます」

 低迷する2つの局にとっては、悩ましい問題が続く。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
SKE48須田亜香里、性的欲望が「スゴいあります」告白に“同情の声”のワケ
2
中村獅童の“お花畑”再婚に「竹内結子と子供の立場がない」と集中砲火!
3
阿部華也子、「めざまし」でファンの評論会も起きる“上品バスト”の膨らみ
4
フジ渡邊渚、Gカップで勝ち取った!?「めざましテレビ」抜擢に歓喜の声!
5
酒以外にも?橋本環奈、「麻雀激ハマり」報道で懸念される“オッサン体質”!