芸能

三谷幸喜 「ギャラクシー街道」大不評でNHK新大河「真田丸」に暗雲が…

20151119a

 視聴率低迷でNHK大河ドラマのワースト記録更新がささやかれる「花燃ゆ」。三谷幸喜(54)が脚本を手がける次回作「真田丸」で巻き返しに期待したいところだが、公開中の三谷映画が大不評で、早くもケチがついた格好だ。

 10月24日公開の「ギャラクシー街道」は三谷が脚本・監督を務めたSFコメディで、宇宙空間に浮かぶハンバーガー店を舞台に異星人たちが織り成す群像劇。主人公の店長を香取慎吾(38)が演じ、その妻に綾瀬はるか(30)、脇を大竹しのぶ(58)や西田敏行(68)らが固める豪華キャストが話題を集めたが‥‥。

「最低のアメリカ映画を決めるゴールデンラズベリー賞の日本版が存在すれば、間違いなく今年の最有力候補でしょう」

 映画評論家の秋本鉄次氏がこうボヤくように、「Yahoo!映画」のレビュー欄は大荒れ。1700人以上の鑑賞者がつけた点数の平均は、星5つ満点で1.8と、三谷ブランドが泣く低評価。コメント欄をのぞくと、「これが映画か?」「時間と金を返せ」「駄作中の駄作」などと辛辣なダメ出しのオンパレード。

 実際に都内の映画館で鑑賞したところ、祝日だったこともあって客席は9割が埋まる盛況ぶり。だが、本編が幕を開けてからは、場内はヒンヤリした空気に包まれた。

「緻密な伏線が張り巡らされた良質なエンターテインメントを期待していた三谷作品のファンは完全にシラけたでしょうね。ファミリー層が顔をしかめそうな下ネタの連発ですよ。綾瀬はるかと不倫関係になる遠藤憲一(54)が両性具有で、ボンデージ衣装で卵を産むなんてクスリとも笑えません。宇宙人のセックスが、ただ額を合わせるだけという設定など、随所に三谷さんらしくない中途半端な演出が見られました」(前出・秋本氏)

 まったく笑いが起きず、大したオチもないまま110分の上映が終わると、客の大半が「どのくらい寝てた?」などと、鑑賞中の居眠りを話題にしていたのが印象的だった。

「公開2週目まで興行収入1位でしたが、製作のフジテレビと東宝のプッシュがあってこそ。フジの宣伝と東宝グループが持つ上映館の多さ、そして他の大作とバッティングしなかったのが大きい。しかし、作品の評価を見ると、今後の失速は目に見えています。興収40億円を突破した前作『清須会議』の半分にも届かないかもしれません」(配給会社関係者)

 映画がスベって暗雲が漂うのが「真田丸」だ。三谷が大河ドラマの脚本を担当するのは04年の「新選組!」以来だが、NHK関係者がその苦い過去を振り返る。

「初回こそ26.3%と高視聴率をマークしたものの、幕末の日本人家庭の食卓にオムレツが出てくるなど、時代考証がメチャクチャだと批判を浴び下降線をたどっていった。終わってみれば、年間の平均視聴率は過去10年でワースト2位という記録的な大惨敗に終わりました」

 今回は、主人公の真田幸村に視聴率男の堺雅人(42)を迎え、12年越しのリベンジといきたいところだが、脚本は早くも迷走気味だという。

「三谷さんらしいコメディの要素が満載です。幸村の兄で、関ヶ原の戦いでも名を残す信之を大泉洋(42)が演じているんですが、シナリオには恐妻の尻に敷かれるダメ亭主ぶりがおもしろおかしく描かれています。ただ、幸村を中心とする男臭い時代劇を期待していた視聴者は、実際の放送を見て困惑するかも‥‥」(前出・NHK関係者)

 だが、制作サイドは鼻息が荒いという。

「伝説の武将が題材とあって、脚本にあまり左右されない合戦シーンには力を入れているそうですよ。自衛隊全面協力のもと、富士山東麓の演習場に、間口が100メートル以上ある巨大な城のセットを建てて、大坂の陣をこれまでにないスケールで描くとのことです」(前出・NHK関係者)

 タイトルの「真田丸」とは大坂城を敵の猛攻から防ぐために幸村が築いた出城である。本作はNHKにとっても三谷にとっても、背水の陣となりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!