芸能

土田晃之、元「猿岩石」森脇復帰へのブチギレ発言は有吉の仕掛け?

20151112tuchida

 元「猿岩石」、有吉の相方だった森脇和成が、かつての栄光が忘れられないのか芸能界に復帰。お笑い界に波紋を呼んでいる。

「相方の有吉が今、大御所のタレントとして活躍しているのを見て、自分もあやかりたいと脱サラし、心機一転再チャレンジするために復帰したとのこと。しかし、人気がなくなっても地道に芸を磨き頑張ってきた有吉と違い、仕事がなくなると芸人に見切りをつけ、自分の商売を優先するようになり、『猿岩石』を解散に追い込み、芸能界から姿を消した森脇の我儘ぶりに、当時振り回されたのは有吉のほう。現時点で正式に何もコメントしていませんが、有吉は今回の復帰を決して面白くは思っていませんよ」(スポーツ紙デスク)

 芸能界をやめた後も仕事を転々とした森脇。飽きやすい性格が原因で、今まで失敗を繰り返してきたことを、「しくじり先生」(テレビ朝日系)の中でも告白している。

「そんな性格を知っているからこそ、当時、同じ太田プロに所属していた土田晃之がラジオ番組の中で、『芸能界はそんなに甘い世界ではない』と言って激怒したんです」(前出・スポーツ紙デスク)

 この発言に対して、ネット上では大きな反響を呼んでいるという。

「U-turn時代に土田は、相方に何も告げずに勝手にピンの仕事を入れ、結果的に相方を芸能界から追放してしまいました。ある意味、コンビを解散に追い込んだという意味では、森脇と同じ。激怒する資格などないという声が寄せられています」(ラジオ番組関係者)

 確かに、「それをお前がいうか」という視聴者の声も解かる。しかし、土田もこうした声が上がることは想定内だったはず。ある芸能プロダクション幹部は別の見方をする。

「実は、森脇が芸能界に復帰するための話題作りではないか、という声も上がっています。有吉本人が何か言ったら角が立ちますから」

 なるほど表立って、有吉が応援したのでは、森脇がピンとして復帰できない。そこで元太田プロの仲間たちが一役買ったというわけか。どちらにせよ、元「猿岩石」で番組に呼ばれるうちに何かきっかけを掴まない限り、「あの人は今」で終わってしまいそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”