スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「タガノエトワールの一発ある!」

20151119zz

 今週は京都で「エリザベス女王杯」が行われる。昨年の覇者で連覇を狙うラキシス、オークス以来2度目のGI制覇をもくろむヌーヴォレコルトなど、好メンバーがそろった。はたして、秋の女王の座に就くのはどの馬か!

 エリザベス女王杯が今週のメイン。ショウナンパンドラ(昨年の秋華賞馬)、今年のオークス、秋華賞を制したミッキークイーンがJC挑戦を表明。参戦しないのはさみしいが、それでもラキシス、ヌーヴォレコルト、ルージュバック以下、現有の牝馬一線級がほぼ顔をそろえており、豪華な女王決定戦である。

 牝馬はおおむね瞬発力があり、小気味よい末脚合戦になること請け合い。見応え満点のGI戦だ。

 ハイレベルで力は拮抗しており、馬券的にも興味は尽きない。難解であることも確かだが、であればこれまでを振り返ってみるのも重要だ。

 02年に馬単が導入されてからの過去13回、その馬単で万馬券になったのはわずか2回(馬連は1回)。1番人気は3勝、2着4回。2番人気は4勝、2着4回。この間、1、2番人気のワンツー決着が3回もあり、比較的人気サイドで決まるレースであることがわかる。

 ただ、今年は前述したとおり、ショウナンパンドラ、ミッキークイーンが出走しておらず、力が接近している力量馬同士のガチンコ戦。人気どおり簡単に決まらないようにも見える。穴党としてもそう思えてならない。

 3歳馬54キロ、4歳以上56キロ。斤量が2キロ軽いことが大きいのだろう。3歳馬が優勢で活躍が目立っている。02年以降、3歳馬は7勝、2着5回と古馬勢を圧倒していることからも、3歳馬を意識せざるをえないが、その最強ミッキークイーンが出走しないのであれば、趣を異にするのではないか。

 というのもルージュバックは、オークス2着以来6カ月ぶりの実戦。一時、体調を崩したこともあり、能力どおりのパフォーマンスができるのだろうか、やや疑いの目も向けたくなる。クイーンズリングタッチングスピーチも力量のほどは確かだが、ポカを演じることがこれまでもあって全幅の信頼は寄せづらい。

 ということで、穴党としては古馬に目を向けてみたい。その古馬では、やはり4歳馬だ。サラブレッドが最も充実するのは4歳秋。データからも3歳馬に続くのは4歳馬であることがはっきりしている。4歳馬は02年以降、4勝、2着3回だ。

 では、その4歳馬の筆頭となると、昨年の雪辱を期すヌーヴォレコルト(ラキシスのクビ差2着)だが、確かにここ目標にすばらしい状態を誇っているが、穴党としてはこの馬を本命視するわけにはいかない。

 続く4歳馬は、これまた本格化してきたマリアライトということになる。が、穴党としては当然ながら人気薄の馬タガノエトワールを本命視したい。

 1600万条件を勝ち上がっての挑戦。格下と見られてもしかたないが、しかし未勝利を勝ち上がったばかりの昨秋のGIIローズSで2着。続くGI秋華賞で小差の3着に頑張った力量馬。能力的には断じて格下ではないのだ。

 さすがに、その後は体調を崩して好結果を出せないでいたが、それが休養を挟んでこの秋、使われて3戦目。大幅な良化ぶりを見せているのだ。

 1週前の追い切りでは反応鋭く好時計をマーク。

「デビュー以来、最高の状態。春とは比べ物にならない」と、松田博調教師はじめ厩舎スタッフが目を細めるほどだ。

 血統的には超一流とは言いがたい。が、この馬を活躍馬たらしめているのは母系の配合にある。母の父からサンデーサイレンス×トニービン×ノーザンテーストと大成功した種牡馬を代々交配してきたのが、花開いたと言えるのではないだろうか。

 バランスの取れた好馬体からも能力の高さが見て取れる馬。天高く馬肥ゆる候──。晴雨にかかわらず“一発”があっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)