社会

放射能で居酒屋から消える魚(4)ストロンチウムが最大の問題

 海水魚以上に深刻なのが淡水魚である。水産庁の検査結果データを見ても、それは歴然だ。ヤマメ、イワナ、ワカサギなどの淡水魚のほうが、放射性セシウムの値がケタ違いに高い。
 3月28日には、福島県飯舘村で採取されたヤマメから1キロ当たり1万8700ベクレルのセシウムが検出された。また、「新基準値」施行にあわせて、群馬県では8カ所の川や沼でのイワナ、ヤマメの釣りを禁止にした。それにしても、なぜ淡水魚ばかりがセシウムを含んでいるのか。
 前出・児玉氏が答える。
「海に住む魚は塩分を外に排出し、周囲の海水が体液に入らないようにしていますが、淡水魚は逆に塩分を蓄えて、水分を排出する仕組みがあります。そのため、川魚の体内には塩の成分と似ている放射性セシウムも体内に残ってしまうのです」
 これから暑くなるにつれ待ち遠しくなるのはアユの塩焼き。あの香ばしい味覚は季節を感じさせる。居酒屋でパクリと口にするのはたまらない。湖以外に住むアユは海から川へと遡上する魚だが、安心はできない。
「アユのように遡上する魚は、海にいる時は塩分を排出し、川に入ると機能を逆転させます。さらに、アユは川底のコケを食べますが、コケに付着した泥と一緒にセシウムを取り込めば、他の川魚と同じことが起こります」(前出・児玉氏)  
 加えて、川魚は濁流に流されないように川の底の石や泥を食べておもりの代わりにする性質がある。海底土と同様に川底の汚染状況はかなり深刻だ。日本海に流れ込む河川からもセシウムが検出されている。
 セシウムはガンや白血病だけでなく、細胞のミトコンドリアを直撃するという研究結果もある。そのため、心臓病や脳血管病を引き起こす可能性も指摘されている。アユは当分、お預けになるかもしれない。
 大地から取れる野菜・米などの汚染状況が1年たって明らかになり、徐々に少なくなっている傾向がある。ところが「魚」に関しては、今後も予断を許さない状況が続くと、児玉氏は語る。
「魚の場合、問題になるのは放射性ストロンチウムです。たびたび原発から海に漏れ出たと報じられるストロンチウムは体内に入ると骨にたまります。しかし、どんな手段を使っても測るのに3週間はかかります。これでは魚の鮮度が保てません。そこで、『ストロンチウムは体内のセシウムの10分の1』という“前提”を使ってセシウムの量からストロンチウムを測るのですが、この“前提”そのものが、かなり以前に外国で発表されたものです。水産学者たちの間では『一刻も早く、現在のセシウムとストロンチウムの比率を測るべきだ』と言っています」
 命も惜しいが、おいしい魚も食べたい。オヤジのワガママかもしれないが、国や自治体には万全の検査体制を敷いてもらいたい。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然