芸能

夏帆 新作映画「ピンクとグレー」で魅せた一皮むけた大人の演技を再現レポート

20151203p

 清純派女優として知られる夏帆(24)が、スクリーンで過去最大の肌見せ濡れ場に挑戦した。ヒット間違いなし、一皮も二皮も剥けた新境地の艶技を、再現レポートでお届けしよう。

「探したいし、飲みたいし、イキたいし‥‥」

 芸能人御用達の会員制秘密クラブのレストルームで男の前に立ちふさがり、挑発的な口調で誘惑する夏帆。戸惑う相手を視線で弄ぶと、壁に体を押しつけるようにして男の唇を強引に奪い、そのまま舌をどっぷりとねじ込ませていく。

 キスを重ねる際の唾液音の響きに、男はしだいに理性を失っていった──。

 夏帆が過激な濡れ場を演じたのは、来年1月9日公開の映画「ピンクとグレー」(アスミック・エース)の一場面。原作はジャニーズグループ「NEWS」の加藤シゲアキ(28)の小説家デビュー作で、映画と同タイトルだ。

「主役を演じたのは加藤の後輩グループ『Hey!Say!JUMP』の中島裕翔(22)です。夏帆とどこまで激しいベッドシーンを演じるのか、映画化が発表されてから注目されていました」(スポーツ紙記者)

 10月2日、「第20回釜山国際映画祭」の公式上映終了後、激しいディープキスシーンの存在について質問された中島は、こう振り返った。

「(自分の唇に)リップグロスがとても塗ってあったので、(夏帆の唇が)べったべたになってしまいました」

 芸能界でスターの地位を手に入れた俳優たちの苦悩と葛藤を描いたこの物語では、上映1時間20分を過ぎたあたりで問題のシーンが始まる。

 冒頭の挑発的キスのあと、場面は高級ホテルのベッドルームへ。いきなりの濡れ場がスクリーンに現れ、夏帆は「正常位」の体勢で、自分の顔の近くまで右足を天井に向けて伸ばしている。胸元が布団で隠れて見えない中、中島は荒々しくピストン運動を繰り返す。激しく子宮を突かれるたびに夏帆は快楽に顔をゆがめて、絶叫と言っていい大音量のアエギ声を張り上げるのだ。中島の体力が尽きると、「思いっ切りぶつけられるの私、嫌いじゃない」と言って黒いパンティをはき、ベッドから立ち上がる。カメラが背中ヌードを映す中、少し前かがみになった瞬間、推定Fカップの下乳が見え、その存在感をアピールした。

 大胆な濡れ場について、映画評論家の秋本鉄次氏はこう評価する。

「今年公開された『海街diary』で演じた4姉妹の時とはガラリと変わり、よくここまで挑戦してくれました。彼女の作品は“夏帆者(果報者)”と私は言っているのですが、これまでの作品の中でも、観る側が幸せになる艶技でしたね」

 これまで夏帆のお色気作品といえば、13年に放送されたドラマ「みんな! エスパーだよ!」(テレビ東京系)。女子高生役を演じて、純白のパンチラが話題になった。制作関係者が当時を振り返る。

「パンチラも評判でしたが、現場スタッフの間ではブレザーを着ていながら、アクションのたびに激しく揺れまくる胸にどよめきが起こっていました」

 プライベートをあまり明かさない夏帆だが、撮影現場では恋愛観について語っていたという。

「休憩中に恋愛話になった時、『芸能人や仕事関係者は嫌です。一般の方と幸せな家庭を築きたい』と言っていた。自分たちが恋愛対象外と知った時は、みんな落ち込みましたね(笑)」(前出・制作関係者)

 結婚する前に、ぜひとも次回作で「ピンクとグレー」な「乳首とヘア」解禁を期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
3
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?