特集

コーヒー・たばこで黄ばんでしまった歯にはこれ!歯医者より簡単なお手入れ法とは?

Sponsored

20151127_yamachiya

 毎日食後に歯磨きするのに、なかなか消えない歯の黄ばみや口臭。他人の口臭に気付いた時に「もしかして自分も‥‥」と思い、拭い去れない不安‥‥。

 男性でも女性でも、一度や二度はそんな悩みを抱えたことがあるだろう。そこでぜひオススメしたいのが「薬用なたまめ柿渋歯磨き」だ。

 原料には歯科医でも使われている、歯の汚れを落とす京柿渋エキス。口臭予防に効果的な、なたまめエキス。さらに弱った歯茎を引き締める効果がある赤穂の天然塩や薬用成分グリチルリチン酸ジカリウムを含んでいる。口をゆすいだ時の泡切れがよく、もちろん飲み込むわけではないので塩分摂取制限の人も使用可能だ。

使用後には、ミント系歯磨き粉特有のピリピリした刺激とは違った爽快感と、歯の表面のツルツル感が実感できる。朝起きた時のイヤな口のベトつきも気にならなくなり、しかもそれが長く続くというのだ。

 一般的な歯磨き粉に比べて泡立ちが少ないのだが、これは合成活性剤や合成発泡剤といった人工的な素材を一切使用していないため。サンゴや貝殻など天然由来の研磨剤で、黄ばんだ歯を白くするのだ。そんな「自然派の歯磨き」を追求した結果、なんと「モンドセレクション」の金賞を受賞した、世界が認めた歯磨きなのだ。

 実際に愛用している人からも、

「2週間で歯の黄ばみが気にならなくなった」

「口の中がずっとサッパリしていて、1本使い切るころには口臭がなくなった」

「歯医者さんに『歯がキレイ』って言われた」

「ヘビースモーカーだけどタバコのヤニが目立たなくなってきた」

 などなど、喜びの声が多数寄せられている。実際、モニター調査の結果「使い続けたい」と回答した人が86%に上るというから、その効果は期待大だ。

 通販限定の商品ながら、2015年6月の時点で累計100万本出荷したという実績のある人気商品。今なら、通常価格1本1836円(税込)のところ、初回限定980円(税込・送料無料)で体験でき、以降毎月1本自動的に送ってもらえる特別サービスを実施中だ。しかも2回目以降は10%オフの1652円(税込・+送料525円)と格安で利用できるのも嬉しい。

 すでにおクチでお悩みの方も予防をお考えの方も、「薬用なたまめ柿渋歯磨き」でオーラルケア。いくつになっても白い歯で、気兼ねなく笑顔を見せられる生活を送るために、ぜひ一度お試しいただきたい。

初回限定おためしコース お申し込みはこちら

Sponsored by 株式会社やまちや

カテゴリー: 特集   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…