芸能

南野陽子、嫌な仕事を阿部寛に押しつけた生意気すぎる新人時代

20151127minamino

 女優の南野陽子が26日、放送の「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)に出演し、高校生だったデビュー当時を振り返った。

 はじめは昼夜を問わず「おはようございます」と挨拶する芸能界ルールに馴染めず「こんにちは」「こんばんは」と返したり、スタッフに対して「あなたは私のことを知ってるかもしれないけど、私はあなたのこと知らないから、お名刺いただけます?」などと言い“生意気な新人”と思われていたそうだ。

 すると司会の小堺一機から「それって尖がっていた?」と突っ込まれるとあっさりと認め、「今思うと面倒くさい子だったな」と反省まじりに語った。

 芸能記者は「南野のデビュー当時はそんな可愛らしいもんじゃなかった」と言ってこう続ける。

「1984年にドラマデビューした南野は、翌年『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主演し、一躍人気女優の仲間入りとなった。87年に公開された『スケバン刑事』でも、初映画にして主演。同年の暮れには映画『はいからさんが通る』でも主演を務めました」

 この記者が南野の“尖がっていた過去”を目撃したのは「はいから──」の取材だった。

「映画の舞台は大正時代で、主人公は女学生。そこで大手着物メーカーが全面バックアップし、当時の最先端ファッションを再現したことも話題の1つでした。ところが、南野の囲み取材を待っていたら控室から『いつまでこんな格好させるのよ。もう脱ぎたい!』って彼女の怒号が聞こえるんです。着物メーカーさんのいる前で『もう脱ぎたい!』はないだろうって、みんな呆れてましたよ」

 そこで急遽登場したのが、阿部寛だったという。

「阿部はこの作品が役者デビューでしたが、南野が駄々をこねて出てこないため、急遽代わりに阿部が取材に応じることになったんです。囲み取材も初めてだったのか、それはもうシドロモドロだったのを覚えています」

 いまや大物俳優の阿部をピンチヒッターに立たせるとは、南野の黒歴史も大物級といえるかもしれない。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!