芸能

消えた「紅白歌合戦の歌姫」00年代編(3)YUIがパニック障害を告白

20151229kouhaku_h

 若者たちの「紅白離れ」が徐々に始まっていくなか、それでも“自分が好きなアーティスト”が登場する時には、しっかりテレビの前にスタンバイしたものだ。アップテンポでノリがいい曲や、思わず口ずさんでしまう印象的なフレーズは今も頭から離れない。

・mihimaru GT

(06~07年/代表曲 「気分上々↑↑」)

 ヒップホップとJ-POPを融合させたジャンルで、デビューから3年後にようやく初ヒット。13年に無期限活動休止を発表。ボーカルのhirokoは昨年、1児の母に。

・YUI(12年/代表曲 「Good-bye days」)

 紅白史上でもマレな、活動休止を前提とした初出場となった。ただし、翌年にはバンドでちゃっかり再始動。昨年にはパニック障害であることを明かしたが、今年8月に双子を出産。

・KARA(11年/代表曲 「ミスター」)

 艶やかな「ヒップダンス」が印象的で、K‐POPブームの波に乗り「少女時代」とともに紅白初出場。その後はメンバーと事務所の対立が表面化し、すでに3人が脱退した。

・青山テルマ(08年/代表曲 「そばにいるね」)

 祖父がトリニダード・トバコ人という珍しいクォーター。インターナショナルスクールの先輩・SoulJaとの共演でチャート1位に。ただし、ここ3年は新曲の発売はない。

・植村花菜(10年/代表曲 「トイレの神様」)

 自身の祖母との体験をもとにした楽曲は、紅白の規定を超える約8分もの歌唱で論争を呼んだ。今年1月、ジャズドラマーとの間に第1子を出産し、音楽活動は休止している。

 さて、今年の紅白出場歌手からいったい誰が消える?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
中川翔子が大変貌!?リモート出演で「誰だか分からん!」指摘も出た仰天事故
4
有吉弘行もウンナンに頭が上がらない?「電波少年」誕生の奇跡過ぎる経緯
5
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!