芸能

消えた「紅白歌合戦の歌姫」00年代編(3)YUIがパニック障害を告白

20151229kouhaku_h

 若者たちの「紅白離れ」が徐々に始まっていくなか、それでも“自分が好きなアーティスト”が登場する時には、しっかりテレビの前にスタンバイしたものだ。アップテンポでノリがいい曲や、思わず口ずさんでしまう印象的なフレーズは今も頭から離れない。

・mihimaru GT

(06~07年/代表曲 「気分上々↑↑」)

 ヒップホップとJ-POPを融合させたジャンルで、デビューから3年後にようやく初ヒット。13年に無期限活動休止を発表。ボーカルのhirokoは昨年、1児の母に。

・YUI(12年/代表曲 「Good-bye days」)

 紅白史上でもマレな、活動休止を前提とした初出場となった。ただし、翌年にはバンドでちゃっかり再始動。昨年にはパニック障害であることを明かしたが、今年8月に双子を出産。

・KARA(11年/代表曲 「ミスター」)

 艶やかな「ヒップダンス」が印象的で、K‐POPブームの波に乗り「少女時代」とともに紅白初出場。その後はメンバーと事務所の対立が表面化し、すでに3人が脱退した。

・青山テルマ(08年/代表曲 「そばにいるね」)

 祖父がトリニダード・トバコ人という珍しいクォーター。インターナショナルスクールの先輩・SoulJaとの共演でチャート1位に。ただし、ここ3年は新曲の発売はない。

・植村花菜(10年/代表曲 「トイレの神様」)

 自身の祖母との体験をもとにした楽曲は、紅白の規定を超える約8分もの歌唱で論争を呼んだ。今年1月、ジャズドラマーとの間に第1子を出産し、音楽活動は休止している。

 さて、今年の紅白出場歌手からいったい誰が消える?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)