芸能

決定!“2015アサ芸挑発美女大賞”<事件・ハプニング部門>「高部あいを更生させる“アサ芸”的助言」

20151217h

 クリスマスシーズンの銀座の街頭に…。周囲が騒然となるフェロモンを振りまいたのは、橋本マナミ(31)だ。11月19日、クリスマスツリーの点灯式に登場した橋本の衣装は、胸元がパックリと開いて、バストがあからさまにハミ出しているスパンコールのドレスだった。

「野次馬たちが我先にとスマホで胸元を撮影しようとして、現場はパニックになった。それでも橋本は嫌がるどころか妖艶な笑みを浮かべて、それとなくかがんで胸元を強調していましたよ。隣にいた長嶋一茂は『俺、いないほうがよくない?』と困惑していました」(スポーツ紙カメラマン)

 撮られるほどに谷間を魅せるところが、愛人にしたいタレントNO1の面目躍如といったところであった。

 寸止めどころか見せちゃったのは、写真誌に最中の画像が掲載された現役女子アナ。男女が上になり下になりの生々しいプレイ‥‥。その微乳は「レーズン乳」と呼ばれることになった。

「レーズン乳首とは言いえて妙です。が、微乳は感度良好なだけに、コロコロ転がしてじっくり料理したい。騒動後も番組への出演を続けているだけに、さらなる今後の展開に注意したい」(芸能評論家・織田祐二氏)

 下半期の芸能界では、他にもピンク事件が多発。「枕営業」の動画がネットで流出してしまったのが、グラビアアイドルの高崎聖子(22)だった。隠し撮り動画のやり取りには「10万円渡すね」という男の声に対し、「先月分ってもらえますか?」と尋ねる女性の声も。芸能評論家・佐々木博之氏が案じる。

「ビデオまで撮影していたとなると、いろんなプレイを試していた可能性が高いですね。ひょっとすると、想像以上のプレイも経験済みかもしれません‥‥」

 はたして、今後はどんな展開が待っているのか。

「真意は定かではないにしても、現役グラビアアイドルが10万円とは安すぎる。今後、AV業界からお誘いの声が出ると思いますが、今はAVでも、アジア進出などグローバルに打って出れば、億単位で稼ぐこともできる。しみったれて10万円を回収している場合ではないのかも」(ライター・尾谷幸憲氏)

 枕営業でこっそり稼ぐより、桁違いに荒稼ぎできるはずだ。

 コカイン所持で逮捕されたアイドル・高部あい(27)は、コカインをキメたうえでのセックスにハマっていたことを、周囲に話していたのだとか。彼女にもまた、AV業界が動き始めているというが、

「ドラッグに頼らなくても、AVに出れば別の意味でのキメセクができます。おもちゃを使った痙攣プレイを味わえば、きっと『もうクスリなんていらない。このおもちゃさえあればいいの』となるハズ。AVこそ、彼女を更生できるんです」(タレント・徳光正行氏)

 というわけで、2015年挑発美女大賞レースはゴール前で現役の女子アナ、グラドル、アイドルによる激しい叩き合い。3つ巴をわずかレーズン乳首の差で辛勝したのは、ハメ撮り流出アナだった。オメデトウ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス