芸能

三代目JSBファンの女子高生が「最悪のクリスマス」と大憤慨、そのワケとは?

20151222sandaime

 今、最も女子高生にモテモテなアーティストといえば、三代目J Soul Brothersだろう。

 2015年は自身最多となる120万人を動員する全国ドームツアーを敢行。ワイルド系の今市隆二、クールな魅力で溢れる登坂広臣のボーカル2人が絶大人気なことはもちろん、最近は俳優業にも力を入れ、同グループのプリンスとも言われる岩田剛典などパフォーマーの人気も高く、ビジュアルレベルだけで見てもジャニーズに匹敵するメンバーを多く擁している。

 そんな彼らのファンたちが、同グループが出演するある番組に憤慨しているというのだ。それは24日のクリスマスイブに放送されるニンゲン観察バラエティ「モニタリング」(TBS系)についてで、どうやら三代目JSBが学校に潜入しサプライズライブを行うという内容のようなのだ‥‥。

「その番組予告で女子高生たちがメンバーの体にやたらベタベタと触っている様子が映し出されていたんです。それがファンたちの嫉妬心を相当煽ったようです」(テレビ誌記者)

 じつは予告が放送される前に、潜入先である女子高の生徒がツイッターにて三代目が学校に来たことを興奮のあまり報告。そこには「メンバー全員と握手した」「めっちゃ触った」など書き込みが連打されたのだ。

「三代目はそれほど頻繁に握手会などの接触イベントを行っていません。ですから、全国のファンをヤキモキさせるような企画を考えた番組側にも怒りの矛先が向けられています。同番組のツイッターの公式アカウントにまでクレームが押し寄せ、炎上する事態にまで発展していますよ」(芸能ライター)

 とくにお怒りなのは、“メンバーに触りまくった”女子たちと同年代の女子高生ファンたち。「なにベタベタ触ってんだよ!」「最悪のクリスマスになるかも」「絶対に許さない!」など、多感な乙女たちだけにダメージは相当なようだ。

 大好きな三代目JSBをクリスマスイブに見て、癒されるはずが、悪夢のようなジェラシークリスマスになってしまうとしたら、メンバーも大誤算だろう。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」