芸能

1000人アンケート!“本当にテレビで見たいお笑い芸人”(1)「1位はやっぱり“ザ・ドリフターズ”」

20160114g

 今のお笑いはダメだこりゃ! 一つも笑えない“芸ノー”人がシラケ鳥を飛ばしている。こんなつまらんタレントを使うテレビ局の行く先は非常にキビシィ~と、正月特番に苦々しい思いを抱いた貴兄も多かろう。そこでアサヒ芸能は1000人アンケートを敢行。俺が本当に見たい芸人をランキングでお届けする!

 パンパカパーン! 今週のハイライトは、アサヒ芸能読者世代が本気で見たいお笑い芸人だっ!

 最近のお笑いにはクスリとも笑えぬ、と気難しい顔をする御仁でも、その昔はおなかがよじれるくらい笑い転げた記憶が浮かぶハズ。題してここに「俺が本当にテレビで見たいお笑い芸人」を決定しま~す。

 50歳以上の男性1000人を対象とした「今見たいお笑い芸人」ランキング。いずれ劣らぬ殿堂入り芸人が名を連ねた。400票に迫る怒濤の勢いで、ぶっちぎりの1位を獲得したのは、やっぱりザ・ドリフターズだった。

「今のひな壇芸人が集まるトークショーは見たくない! 『全員集合!』は過激なコントでも、家族で笑って見たのを覚えている」(宮城県・56歳・公務員)

 土曜8時はまさに、お茶の間に家族が“全員集合”していた時代だった。

「中学時代に初恋の女の子に、玉砕覚悟で加藤茶のギャグを放ってみごとに失恋した。今では若気の至りの甘酸っぱい思いです」(千葉県・農業・52歳)

「カトちゃん、ぺっ」「やったぜカトちゃん」など珠玉のギャグを放った加藤茶が絶大な人気を誇ったが、

「いつも『オイッス!』といばり散らしているいかりやがコテンパンにやられるのが痛快だった。忘れられないのは『もしもこんな〇〇があったら』シリーズで威勢のよすぎる銭湯の時。ハッピ姿の従業員がお神輿のように長さんを担いで、湯船にドボーンと放り込んだのは、今でも思い出し笑いする」(富山県・無職・64歳)

 他にも、

「みんなが加藤茶を好きだったが、ふてぶてしく『ディス イズ ア ペン!』と言い放って『なんだバカ野郎!』と逆ギレする荒井注がいちばん好きだった。志村けんが加入してからのヒゲダンス、東村山音頭は社会人になってからも宴会芸としてかなり重宝した」(茨城県・鉄鋼業・57歳)

 土曜8時を“お笑い枠”に定着させたドリフの功績は大きかった。「テレビお笑いタレント史」などの著書があるお笑いに詳しいライターの山中伊知郎氏が解説する。

「ドリフはメンバーひとりひとりが自前のギャグを持っているスーパーグループ。昭和のギャグ100選を選べば、ドリフだけで埋まってしまいそう。『全員集合!』は毎週生放送だったが、舞台セットがぶっ壊れる大がかりな屋台崩しがあっただけに、リハーサルだけで3日ほど費やしていた。今見ても、『ちょっとだけよぉ~、あんたもスキねぇ』なんてギリギリのネタを連発していたのもスゴかった」

 自主規制の厳しい今の世じゃ、決してだいじょうぶだぁ~とはいかないハズ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
3
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗
4
テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<日本テレビ>奔放すぎた葉山エレーヌはアナウンス室追放
5
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線