芸能

「死んだほうがマシや!」過酷すぎるローカル路線バス旅で蛭子さんがブチギレ

20160107ebisu

 1月4日に旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京)第22弾が放送された。今回は太川陽介と蛭子能収のレギュラーメンバーに加え、シリーズ最年少マドンナゲストとして南明奈が参加した。

「バス旅といえば蛭子のゲス発言が毎回注目されますが、今回もゲストの南に絡むシーンが話題となりました。競艇好きの蛭子は、イメージキャラクターを務めていた南のことをよく知っていたため、『(競艇のイベントで)いくらぐらい貰えるんですか?』といきなり質問。困惑する南に対し、彼はさらに『俺の損したお金が全部そっちに行ってる‥‥』と話すなど、相変わらずのゲス発言で視聴者を驚かせました」(テレビ誌記者)

 そんな同番組は、今回、水戸から長野の善光寺まで、バスだけを乗り継ぎ目指すというもので、他の乗り物は使用不可。しかし放送ではバスがうまく繋がらず、疲労困憊の出演者が遠くのバス停までひたすら歩くというシーンが連続した。

 そのため放送中、視聴者からは「これ、バス旅じゃなくて徒歩の旅になってる!」「老人を酷使しすぎ」「こんな痛々しい姿を正月から見たくない」との声が相次いだという。

「今までも離れたバス停まで歩くという展開はありましたが、今回は合計40キロ以上という尋常ではない距離を年配の出演者が歩くという過酷すぎる内容でした。そのため蛭子能収もカメラの前で『死んだほうがマシや!』とガチの本音を漏らすほど。現在、レギュラーの太川陽介は56歳、蛭子は68歳にもなりますから、そんなお年寄りが徐々に衰弱していく姿を見て、視聴者からは同情の声が上がっているのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 2007年から放送されている「ローカル路線バスの旅」だが、ルートが尽き、年齢的にもそろそろ番組の継続は限界に来ているとの声もネットでは多く見かける。しかし同番組は現在、テレ東のキラーコンテンツとなり、今年は劇場版の公開もあるため、局側としてはまだまだ終わらせるわけにはいかないというのが実情なのだろう。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
2
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
5
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”