芸能

紅白落選の腹いせか!「史上最悪のももクロ」にチャンネル替える視聴者が続出

20160107momokro

 昨年12月29日に有明コロシアムで「ボクシングフェス2015~井上尚弥&八重樫東ダブル世界戦~」が行われ、八重樫は壮絶な打撃戦、井上は天才的なKOで、両選手ともにみごと勝利を収め、ボクシングファンを熱狂させた。そんな中、その熱戦に水を差したとファンたちが口を揃えて批判したパフォーマンスがあった。

 そのパフォーマンスとは、同イベントのハーフタイムショーだけでなく、メインイベントの井上の試合直前にトドメのライブパフォーマンスまで披露した、ももいろクローバーZのステージのこと。八重樫の熱闘にヒートアップしていた視聴者は口をあんぐり、「世界戦の空気をぶち壊した」「完全にKYだろ」「ボクシングをナメるな!」とKOパンチ並みのバッシングが集中した。

「テレビ中継で放送されたのは井上の試合前の1曲だけでしたが、中継したフジテレビがももクロファンからの視聴率を期待したことは明らか。関係者はボクシングを観ない人たちにも試合を観てもらいたいと理由をあげ、音楽とボクシングの共演で会場もさらに盛り上がると思うと説明していましたが、案の定、その期待を裏切る化学反応を起こしてしまったようです。ももクロが披露した楽曲も世界戦の応援ソングにしては重みがなさすぎましたし、このパフォーマンス中は憤慨してチャンネルを替えていたボクシングファンが圧倒的に多いようです」(週刊誌記者)

 また、ステージの流れも最悪だった。負ければ引退の八重樫が3階級制覇という偉業を成し遂げた直後に、まるで試合がようやく終わってくれたとばかりに場内にももクロファンのペンライトが至るところに光る始末。「世界タイトルマッチを何だと思ってるんだ」とボクシングファンが拳を握り締めるのもうなずける異空間となってしまったのだ。

「八重樫と井上のパフォーマンスは、2015年の日本ボクシング界の試合の中でもベストの2つでした。『今日は2勝1敗』『最高の八重樫、究極の井上、史上最悪のももクロ』という文句がネットで躍ってましたね。そのとおりだと思います」(スポーツグラフィック誌・編集者)

 ももクロには紅白卒業騒動などのリベンジの意味もあったと思うが、どうやら彼女たちにリターンマッチの可能性はなさそうだ。

(金子良太)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ
2
「モヤさま」大江麻里子登場が際立たせる三村マサカズへの“キモイ!”酷評
3
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(2)田中みな実の“宇垣美里対策”
4
欅坂46平手友梨奈、微笑ショット公開に「やっぱり笑顔が一番」ファンの歓声
5
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(1)加藤綾子が狙う「新しい仕事」