社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「二日酔い対策でのサウナは命の危険も…間違えやすいアルコールの常識教えます」

20160121aa

 そろそろ年始回りも一段した今日この頃、新年会続きで、連日の二日酔いに悩まされる方も少なくないでしょう。

 では、ここで質問です。二日酔い防止法として効果があるのは、

「酒とともに水を飲む」

「飲酒後にサウナに入る」

 のどちらでしょうか?

 答えは「酒とともに水を飲む」です。いずれの方法もアルコールをたしなむ人であれば試したことがあるのではないでしょうか。しかし「飲酒後のサウナは危険」ですので、絶対に控えてください。

 そもそも二日酔いとは、「脱水症状」のことです。お酒には利尿作用があり、摂取したアルコール以上の水分が失われます。つまり脱水症状に見舞われたからこそ、頭痛や吐き気、食欲不振などの症状に襲われるわけです。

 当然ながら、脱水症状を防止するには水分を摂取するに限ります。日本酒や焼酎とともにチェイサーを頼み、適度な量で抑えると二日酔いにはなりません。酒と水を1対1で飲めば悪酔いもしないでしょう。

 また二日酔いになるほどではないものの、前日の酒が残っている場合には、水やお茶、スポーツドリンク、味噌汁などが脱水症状を和らげてくれます。

 では、汗とともにアルコールを出そうとサウナはどうでしょう? 実は体内から出てくる水滴は単なる汗で、アルコールは含まれていません。しかも、ただでさえアルコールで脱水症状に見舞われている状況でサウナに入ってしまえば、より深刻な脱水症状を招くこととなります。命の危険にもつながりかねません。飲酒後のサウナは百害あって一利なしです。

 こうしたお話をすると、よくアルコールが好きな患者さんから「二日酔いがすぐに醒める方法はありませんか?」と質問されます。しかし、医学的には短時間でアルコールを出すことなど不可能です。二日酔いの場合はこまめに水分を補給して、酔いが醒めるのを待つほかありません。

 サウナについては、「大量に汗をかいてデトックス(体内の毒物排出)できる」と信じている方もいますが、医師の立場から言わせてもらえば、健康的に悪いことずくめです。100度以上の室内で汗をかくと、高温で急激に発汗するため体に必要なミネラル分が汗とともに出ていってしまいます。急激な血圧上昇で血管が傷つき、心臓に負担がかかって突然死の危険すらあります。

 とりわけ、サウナでの我慢大会は最悪と言えます。先に入った人がいつまでも入っていると、自分があとから入ったにもかかわらず先に出るのが恥ずかしいという心理が働きがちで、サウナの中がさながら我慢大会のような場面に出くわすことがあります。そんなことで倒れるまで我慢すると脳梗塞になり、命は取り留めても後遺症が残る場合もありますから、時計など見ずに「暑い」と感じたら我慢せずにすぐに出てください。

 また、サウナを出た直後の水風呂も、年代を問わず20代の若いうちでも危険です。高齢者ほど、急激な体温変化は心臓マヒのリスクが生じる原因となります。

 サウナにはリフレッシュ効果はありますが、健康促進的な効能はあまり期待できません。どうしても運動以外で汗をかきたいならば‥‥最近流行中の岩盤浴をオススメしています。岩盤の表面の温度は40~55度とじんわりと汗をかくことができるばかりか新陳代謝が進み、血管も拡張し、凝りや疲労が回復します。「健康にいいのはサウナより岩盤浴」と覚えておいてください。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「登場人物がほぼ全員不快」の声も!「けもなれ」、脱落視聴者が続出した“理由”
2
消えた芸人・キンコン梶原がユーチューバーデビューも“致命的弱点”が発覚!
3
「死んだら負け」発言にも立腹!?「アンチ松本人志」を公言する元女子アナとは
4
GACKTの「暴れん坊」はやはりデカい!?寝起き写真でバレた“馬並みのお宝”
5
今度は路チューは勘弁! フジ椿原慶子の「結婚相手」にファンがザワつくワケ