スポーツ

孫正義が画策する“野球世界一”を決める「クラブ・ワールドカップ構想」

20160114aa-2

 広島・黒田博樹(40)の復帰フィーバーで盛り上がったプロ野球は、一転して黒田の「電撃引退」という激震に見舞われそうだという。

「しかもシーズン中に。あと7勝に迫った日米通算200勝を達成目前にしても、です。黒田はメジャー時代、『1カ月契約、週契約でもいい。迷惑をかけないように、短い契約にしたい。闘志がなくなったらマウンドに立てない』と話し、いつ引退してもいい覚悟でした。エース・前田健太(27)のメジャー流出で主力が2人同時に抜けるわけにいかず、球団の強い慰留で現役を続けざるをえなくなった今季のモチベーションは優勝しかない。200勝という数字などどうでもいいんです」(スポーツライター)

 もし広島がBクラスを走り、優勝の可能性が薄くなれば、シーズン途中であっても、ユニホームを脱ぎかねない状況なのだ。

 そんな暗い話題を打ち消すのは、プロ野球の「クラブ・ワールドカップ構想」の急浮上である。サッカーのように、チームとしての世界一を決めるというもので、発案者はソフトバンクの孫正義オーナー(58)で、王貞治球団会長(75)もこう後押ししているという。

「今ならソフトバンクは(15年ワールドシリーズ覇者の)ロイヤルズとやっても勝てる。ウチのオーナーは本気だから。日本一とアジア一、アメリカ一、どっちが強いか決める時期に来てるんじゃないか」

 NPB関係者が続ける。

「昨年はプレミア12が新設されましたが、日本、台湾、韓国、オーストラリアなどとのアジアシリーズ優勝チームと、メジャーリーグの優勝チームが対戦し、本当の世界一を決める大会を開きたい。日本シリーズ、ワールドシリーズ終了直後にです。今年はその計画をブチ上げ、オーナー会議でそれを提案する。スポンサーもつくだろうし、反対する球団はないでしょう。あとは開催地を決めるだけ」

 国別対抗のWBCとは、また違った戦いが加わりそうである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史